「私はサリン製造計画を知っていた」オウム事件の全貌が明らかに

上祐史浩氏と有田芳生氏 ‘12年、オウム特別指名手配中の3人が17年の逃亡の末に逮捕され、オウム事件に一つの区切りがつこうとしている。しかし、オウム事件の全貌は明らかにされていない。そんななか、教団内部を最も知る男、元最高幹部の上祐史浩氏がオウム事件の真実を綴った本「オウム事件 17年目の告白」が出版される(12月17日発売予定)。彼が語るオウム事件の真実とは何なのか。オウム問題を追及してきたジャーナリスト・有田芳生氏が迫る!

有田芳生(以下、有田):私はこれまで、メディアから対談の企画が持ち込まれても、すべて断ってきました。しかし今回、告白本を書かれたと聞き、目次を見て「ここまで書いたか」と、ぜひ話をしてみたいと思ったわけです。

 本を読むと、上祐さんは大量テロに関する麻原の教えを共有していたのだと、はっきりわかる。

上祐史浩(以下、上祐):はい。正確に言うと、教団をつぶし、世界を悪くする闇の権力と戦って、「真理の国」を作るために、大量破壊兵器の使用を含めた武力革命を行うという麻原の預言の教義です。

 ただ、人類改造計画とも言うべきものですから、地下鉄にサリンを撒いたと聞いたときには、「教団武装化の目的は、もっと大きなことだったのではなかったか」という違和感がありました。

有田:ただ、私は地下鉄サリン事件の当時、麻原の指示に反対する上祐さんの声を聞いたことがあるんです。教団施設が警察の強制捜査を受けた際、私も現場に足を運んだのですが、上九一色村の倉庫に、大量のカセットテープが散乱していた。

 その中から、’90年の総選挙に出馬すべきどうかという教団内部の議論の様子を録音したものを見つけたんです。そこに、選挙に出ることに反対する上祐さんの声が収められていた。反対したのは、勝ち目がないと思ったからですよね?

上祐:そうです。でも、麻原に帰依することが第一だと考える人や、選挙での勝ち負けより、麻原に従うことが修行であると考える弟子が大部分だった。意見を述べる場が設けられたのも、「みんなの一致した意見で選挙に出る」という形で、麻原が進めていくための通過儀礼みたいなものでした。

 その中で私だけがズレていて、会議の趣旨を理解せず、麻原にまともに反論したのでしょう。

有田:しかし一方で、上祐さんは教団を守るために、理不尽な態度を一番外部に晒していました。例えば、地下鉄サリン事件後の民放テレビの特番で、村井さんが教団施設内のプラントはサリン製造用ではないと説明しながら、「ハステロイ」という金属の名前に言及した。そうしたら、アメリカから来ていた生物化学兵器の専門家がすぐに反応して、「ハステロイだって? それはサリンを製造する際に、設備の侵食を防ぐのに必要な金属じゃないですか!」と言ったんです。

 すると、当の村井さんがキョトンとしている横で、上祐さんがすかさず話を全然違う方向に持っていった。「これは確信犯的に嘘をついているな」と思いました。

上祐:当時は盲信のために、確信犯的に嘘をついていました。教団の嘘が露呈しかねない危ない場面は、ほかにもたくさんありました。例えば村井は、「サリンではなく農薬だ」と言い逃れるために、一夜漬けで知識を仕入れていた。到底、専門的な検証に堪えうるものではありませんでした。

有田:12月に刊行される本を読むと、地下鉄サリン事件が起きた直後、ロシアで早川と話しながら、すぐに教団の仕業だと思ったわけですよね。それでいて、「ああ言えば上祐」と揶揄された広報活動に突き進んだ。

上祐:地下鉄サリン事件が起こること自体は予想外だったにせよ、サリンを作る計画を知った上でロシアに行っていたわけですから、それがいつか使われることは、漠然とは予期していたと言うべきでしょう。それでも、教団は真理だから守らなければいけないと思い、また闇の権力の陰謀も多少なりとも信じていた。すべては盲信のなせるわざだったのです。

 教団の武装化、サリン製造計画の存在を知っていたことを認める上祐氏。週刊SPA!12月11日発売号「事件から17年――ついに語られるオウム事件の真実」では、さらに踏み込んで炭疽菌製造・散布、皇族襲撃事件についても語っている。

【上祐史浩氏】
‘87年にオウム入信。地下鉄サリン事件後、麻原の指示の下、教団のスポークスマンとなる。偽証罪などで服役後「アレフ」代表となるも、’07年に脱会。オウム信仰を脱却し、現在は自ら設立した「ひかりの輪」代表を務める

【有田芳生氏】
オウムや統一教会などカルト宗教問題を取材してきたジャーナリスト。参議院議員。著書に「闇の男 上祐史浩—終わらないオウム真理教」(同時代社)、「メディアに心を蝕まれた子どもたち」(角川SCC新書)などがある

<対談構成/李策 撮影/山川修一(本誌)>

週刊SPA!12/18号(12/11発売)

表紙の人/ラブリ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
オウム事件 17年目の告白

教団のスポークスマンとして世間を騒がせた上祐史浩氏が今まで語れなかった真実を告白

関連記事

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中