右翼がアイドルの養成を手掛ける理由――民族派右翼の思想家・牛嶋教授かく語りき

 芸能界を目指す学生のために、西日本短大が開設したメディア・プロモーション学科が今春1期生を輩出し、メディアに報じられたことから多くの話題を呼んでいる。

右翼アイドル

今春卒業した1期生からは2人が東京、2人が福岡の芸能事務所への所属が決定! 現役生も後に続きそうだ

 同学科では学生同士がアイドルユニットを組んで活動中。AKB48を頂点とする“アイドル戦国時代”に殴り込みをかけた格好だ。「日本初」の試みは世間の耳目を集め、ひとまずは成功を収めたと言っていいだろう。ところが、思わぬところから疑問の声が上がったのだ。

 学生によるアイドルユニットの名前は「烈風」と「晴嵐」。今ドキの女のコのユニット名としては違和感が……。すぐさま反応したネット上には書き込みが相次いだ。「烈風と晴嵐って、旧日本軍の戦闘機の名称だろ。なんでこの名前つけたんだ?」「アイドル養成学科つくった人って民族派右翼らしい」「右翼アイドルかよw」……etc.

 確かに、烈風も晴嵐も旧日本海軍の戦闘機。そして、アイドルを養成する学科の長である牛嶋徳太朗教授は、生粋のファシストとして知られる民族派右翼の思想家だ。なぜ、右翼がアイドルを養成するのか……。

◆右翼教授とアイドル学生の師弟関係とは

右翼アイドル 彼女たち“アイドル学科”の学生は、実戦的なカリキュラムのほかに、座学の一般教養で政治学や憲法を学び、専門科目には牛嶋教授自らが教鞭をとる近代日本や欧州の政治思想史と、アイドル育成には似つかわしくない科目も並ぶ。そうした科目について、当の学生=アイドル候補たちはどう考えているのだろうか?

――アイドルと政治学って結びつかないように思えるけど?

「憲法や政治学は、国民なら知っておいて損はない知識だと思います。この学科にはアイドルではなく、アナウンサーを目指しているコもいるので、むしろ将来役立つはずです」

――牛嶋教授の専門はファシズム研究ですが、ご存知でしたか?授業では教わらないのですか?

「そういう専門的なことは教わっていません。授業時間外では、先生はよく太平洋戦争のことを話してくれますが、もはや持ちネタみたいな感じですよ(笑)」

 屈託なく笑う“アイドル志望”の学生たちは、右翼のはずもなかった。ただ、「先生は『学生が言うことを聞いてくれなくて困る』って、よくこぼしてるんです(笑)」と明かしたように、アイドルのプロデュースにあたる牛嶋教授と学生たちは、いい意味でユルい師弟関係で結ばれているようだ。

 だが、なぜ右翼がアイドルの養成を手掛けたのか。

 取材班は、牛嶋教授ご本人に、真相のほどを聞いてみた。

※【後編】に続く⇒http://nikkan-spa.jp/422673

⇒【写真】学生によるアイドルユニット「烈風」と「晴嵐」
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=410999


【牛嶋徳太朗教授】
’51年、福岡県生まれ。民族派右翼の思想家。政治学者。西日本短大教授。早大政経学部在学中、三島由紀夫の楯の会の母体である早大尚志会に所属。楯の会への参加に挫折し、トラウマを負う。以降、真の新右翼の活動を展開

取材・文/齊藤武宏 撮影/遠藤修哉(本誌)

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中