注目美人を青田買い!? 青学のミスコンがスタート

青学ミスコン

イベント中、友人から声援がとぶと、緊張していた顔もゆるやかに

 各大学でおこなっている、ミスキャンパスコンテストの中でも、モデルや女子アナ、芸能人などをまんべんなく輩出しているのが、青山学院大学。

 しかし、モデルや芸能人になってしまったら、それはもう雲の上の存在。それなら、まだ、彼女たちが普通の女子大生のうちに出逢っておけば、もしかしたら、のちのち世間の注目を浴びるようなコとも仲良くなれるかも!?

 そこで重要なのは11月にグランプリが決まってしまう前に、ミスキャンパス候補たちに会っておくこと……ということで、ミス青学が今年初めて、他大にならって候補者お披露目イベントを開催、という噂を聞きつけ、意気揚々と会場へ!

 7月1日、青学キャンパス内の150人ほどで埋まった会場の中には、「え、このコ観客?ミスの候補じゃないの?」というコがいっぱい。さすが青学。青山の街全体が求めるオシャレさと、女子大と違って男子がいるので、気が抜けない環境が、ますます女子たちをハイセンスに。視線が定まらないまま、青学女子たちを目で追っていると、候補者たちが登場!

●エントリーNo.1 中山柚希ちゃん(総合文化政策学部3年)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469134

青学ミスコン「アナウンサーになりたいから出場しました!」と夢を公言できる柚希ちゃんは好感度大!

●エントリーNo.2 本谷育美ちゃん(法学部3年)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469135

青学ミスコン「4ヶ月後には、他の候補者のコと同じくらい痩せなきゃ…」と、ちょっと自虐的な発言が、男に「そのままで大丈夫だよ!」と思わせる

●エントリーNo.3 西岡美咲ちゃん(経営学部3年)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469223

青学ミスコン高校から青学だという美咲ちゃんは青学愛が強く、ミスキャンを通して青学のイメージをアップしたいとか

●エントリーNo.4 尾崎裕香ちゃん(文学部2年)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469137

青学ミスコンきっかけは他薦だというが、「今までの学生生活になかった、誇れるものをつくりたい」とやる気大

●エントリーNo.5 野見山友里ちゃん(文学部3年)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469138

青学ミスコン「とりあえず、いい家庭が作れれば幸せ」などと控えめなコメントが目立った友里ちゃんは、逆に男は守ってあげたくなるタイプ

●エントリーNo.6 鈴木沙耶ちゃん(文学部2年)

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=469227

青学ミスコン取材中も、納得がいかない答えをしたと感じると「もう1回答えていいですか?」などと、いい意味で積極的!


 必死の自己紹介の途中でも、友達の声援があると、一瞬挨拶を止めてしまうあたりは、まだまだプロっぽくはない彼女たち。でも、その初々しさが、逆に魅力を増幅させる。

 候補者は6人とも、それぞれルックスも性格もタイプが違っていて、まるでアイドルグループのようなバランスのとれ具合! 特に青学のミスコンは、候補者達が毎年仲が良いことで有名なので、どんどんと仲良くなっていく彼女たちの様子をアイドルグループのように見ていくのも、楽しみのひとつかも!?

 本選は11月。まだまだあどけなさの残る彼女たちが、この4か月でどう大人の女性に成長していくのか、その変化の過程にも大注目だっ! <取材・文/霜田明寛>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中