現役アイドルの胸に顔をうずめられるイベントを体験

 アイドル戦国時代において、サービス戦争は白熱の一途を辿っている。握手会は当たり前となり、最近では「金タッチ」「胸ハグ」「打ち合わせ券」といった過激サービスを売りにするアイドルも登場。10/22発売号のSPA!に掲載されている「現役アイドルの[過激すぎるサービス]に密着」では、“会いに行けるアイドル”を遥かに超えた悶絶サービスに体当たりレポートしている。

 ここでは、人気アイドルBiSのサービス事情について一部だけ紹介しよう。

◆現役アイドルの胸に顔をうずめられる“胸ハグ”とは!?

BiS

記者が胸ハグをガチ体験! 本誌では「対面座位」にもチャレンジさせてもらっている!

「ハグは楽しいです。一応、恋愛禁止なので欲求をそこでしか解消できないんですよ」と語るのはBiSのリーダーであるプー・ルイちゃん。“AKB商法”といった言葉が曼延し、CDリリースに合わせた特典会が当たり前となったアイドル業界。今や握手会を超えたハグや密着ツーショット撮影は珍しくなく、衣装プレゼントやデート券まで登場している。

 BiSは、ステージ上でメンバー同士がディープキス、樹海で全裸(風)PV撮影、客席にダイブ、「まんこ」「チンチン」のお下劣無法トークなど、過激なパフォーマンスで知名度を上げてきた。と同時に、密着サービスの先がけでもあり、ハグ会も何度か実施。それも、単なるハグではなく現役アイドルの胸に顔をうずめる“胸ハグ”だ。戸惑いがないのかが不思議だが、プー・ルイちゃんはこう話してくれた。

「いいオッサンが私の目の前で震えるんですよ? そんなに私のこと好きなのかなって、可愛いらしく思えるんですよね(笑)」

 実際、プー・ルイの“胸ハグ”を体験した記者は「頬に当たる硬い肋骨、その周囲の微妙な柔らかさが……」と恍惚の表情を見せる。

 他メンバーも「こういうイベントやらなきゃまったく売れなかったと思うし、ハグ会は大歓迎」(ノゾミ)、「基本なんでもOKなんですけど、初対面のファンから“対面座位で”って言われたときはちょっと焦りましたよね。やるのはいいんですけど、うまく誘導してほしかったな」(ウイカ)とアイドルとは思えないクールな感想を連発。

「直接胸を触るような痴漢行為はさすがにダメ。でも、どこまでOKなのかを試そうとワザと汗ビショビショで来たファンの方も普通に抱きしめました」(プー・ルイ)

 過激なサービスを通じて、まるでアイドルとファンが互いの愛情を確かめあっているかのようだ。

ほかにも、アフィリア・サーガ、光上せあらなどの現役アイドルたちによる「過激すぎるサービス」に完全密着。また、関係者による覆面座談会「ファン確保のために奔走することでカオス化したアイドル業界の闇」や「アイドルを抱いた男たちだけが知る、彼女たちの素顔」も掲載。ステージ以外でも一切手を抜けない彼女たちの過酷なサービス戦争をリポートしている。 <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!10/29号(10/22発売)

表紙の人/長澤まさみ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中