【素人アイドルプロデューサーへの道】お金が目的だと続かない!?

アイドルが割拠する今、「アイドルになりたい」という女のコの夢のハードルは下がり、同時に「アイドルを育ててみたい」という本懐を遂げるチャンスも増えている。本特集では、素人ながらアイドルのプロデュース業を始めた人々の紆余曲折と喜びを紹介。膨張し続けるアイドル業界。これを読めばキミもアイドルプロデューサーになれる!?

◆メンバーを集めるべく、街角で声をかけた数300人!

<ゆるめるモ!×田家大知氏(ライター・編集者)>


ゆるめるモ!

メンバーは8人(撮影時1人欠席)で最年少は中学3年生。「移動時は『時間だから電車乗るよ! 写真撮ってちゃダメ!』と引率の先生状態です(笑)」

 本業はライター・編集者ながら、昨年10月からアイドル・ゆるめるモ!のプロデュースも手がける田家大知氏。きっかけはももクロにハマったことだった。

「長年バンドをやっていたこともあり、『自分のほうが面白い曲を作れる!』みたいな嫉妬心も途中から出てきて(笑)。それでプロデュースに興味を持ったんです」

 が、アイドル業界にツテはない。そこで田家氏は、街角で女のコに「アイドルにならない?」と声を掛けまくるという暴挙に出る。

「9割以上は無視され、罵倒もされて落ち込みましたが、200~300人に声を掛けて、5人のメンバーが集まりました。探していたのは、フツーそうで何かを隠し持っていそうなコ。ファッションとかで自己実現できていそうな個性的なコは、僕が魅力を引き出す必要もないなと思って」

 作詞、作曲などのスタッフはバンド関係の人脈でまかなえたが、メンバーは基本的に素人。それでも曲ができると、むちゃを承知ですぐ初ライブを開催した。

「ステージで歌い、物販に立つことで、活動への実感とやる気も湧いてきたみたいで。その後は小さなイベントへの出演を重ね、4月の初ワンマンには約80人が集まりました。そして自主レーベルからCDをリリース、サブカル系のアイドルやバンドが集うフェスなどで、コアな音楽好きの間で知名度が出てきた手応えがありました」

 その後はメンバーの脱退もあったが、新メンバー5人追加という思い切った策で危機を乗り越えた。

「現場マネジャーの役割もあるので、人数が増えメンバーのサポートは大変になりました。活動の悩みもあるだろうし、常に表情を見ながら相談に乗ってあげたいなと」

ゆるめるモ!

最新作「New Escape Underground!」では曲もジャケもドイツの伝説的バンド・ノイ!を意識

 本業をこなしながら1人アイドル事務所状態。奥さまの応援もあるが、CDの流通やライブの調整など仕事は山積み。経理やライブ当日のサポートをしてくれる仲間もいるが、睡眠は平均3~4時間だ。

「お金が目的だと続かないでしょうね。でも自分には、自分の好きな面白い音楽を彼女たちに歌ってもらい、コアな音楽ファンに届けたいという使命感があるし、ダンスも歌もダメダメだった彼女たちの成長を間近で見守れる喜びもある。コアとお茶の間を行き来する“アイドル界のビートたけし”的存在を目標に頑張りたいです!」

【ゆるめるモ!情報】
12月1日「ももぴ生誕祭 ベルめるモ!(BELLRING少女ハートとの2マン)」(新宿)ほか、今後も週末を中心にライブ出演予定。詳細は公式HPでチェックを。 http://ylmlm.net/

― 素人でも[アイドルプロデューサー]になれる!【1】 ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中