SKE48斉藤真木子「紅白ではスベリ芸を披露したい」

 11月25日にサンシャイン水族館にて、TOKYO FM ラジオ番組『高柳明音(SKE48)の暗黙の了解 supported by サンシャインシティ』の公開収録が行われた。

SKE48

今回の公開収録は斉藤真木子(左)と向田茉夏(右)が参加

 冒頭では11月29日誕生日を迎えることを自ら切り出し、「22歳もふざけていきたいと思います」と抱負を語った。さらに公開録音にはSKE48より向田茉夏、斉藤真木子が参加し、冒頭でバースデーケーキを高柳にプレゼント。

SKE48

ケーキと共に登場した2人

 なぜかお祝いに対するテンションは低めだったもの、番組内では誕生日に引っ掛けた内容を展開。

 その一つ「ちゅりトーーーーーーク!」では、高柳明音のここが可愛いという議題で「持っているものが個性的すぎる」と斉藤真木子から可愛いポイントが披露される。「普通に売っている服を着ているのに明音ちゃんが着てるとダサいとか、変に見えるのものが多い。(個性的という)いい意味でだよ」となぜか貶されているような内容に。3人とも終止手探り状態のなか、奇妙な盛り上がりをみせ公開録音は進んだ。高柳本人も「この回、大丈夫か!?」と不安に感じるほどゆる~りとした内容となった今回。実際の放送は11月30日とのことなのでその仕上がりをぜひ確かめてほしい。

 また取材当日にはSKE48の単独紅白歌合戦出場も決定。公開録音後に3人に喜びの声を聞いた。

――紅白決定おめでとうございます。改めて喜びの声と今年の意気込みをお願いします。

斉藤:去年初めて出させていただいたけど、年末の最大イベントという感じがあるので、アーティストなら誰もが出たいと思うし嬉しいですね。48グループもいっぱい出るので、そのなかでもSKE48が1番良かったと思われるくらいのパフォーマンスを見せたいです。

向田:去年の感動が忘れられないですし、今年出られる自信も無かったので単純に嬉しかったです。

高柳:びっくりしました。不意をつかれた感じです。NMB48さんが内定というニュースもあったので、48グループから3つも出られるのかなって不安もあったので、また呼んでいただけて嬉しいです。

――パフォーマンスの中身にも注目が集まると思いますがどんな演出を考えたいですか?

斉藤:何ができるか考えてみたんですけど、私面白くなくてよく滑るって言われるので、NHKホールの舞台上を端から端まで滑るっていうスベリ芸じゃないですけど、そんなことをしてみたらインパクトを残せるかなって思うんですよね。

向田:私は自分がというよりは新しく入ってきた6期生の特技、例えば(東)李苑がピアノ弾くとかがあればいいなと思います。

斉藤:全員でやるなにかっていうのもやっぱりやりたいですね。

高柳:私は普通のアイドルではいたくないと思っているので、他のグループとは違う面白いことに挑戦できたらと思います。

SKE48 2年連続となる今年。いかにお茶の間にインパクトを残すか。大晦日の夜が今から待ち遠しい。

<取材・文・撮影/ヤスオ>

●【SPA!】SKE48謎解きParts https://plus.google.com/+spa_ske48/posts

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中