ロコドルから全国へ人気急速拡大中!北九州発アイドルGALETTeを直撃

 アイドルの記事を書いてると言うと、必ず周りから「次に売れるのは誰!?」とか「いま注目してるの誰なの?」などと聞かれるのですが、DD(誰でも大好き)な私としては、どこかに絞ることが出来ず、いつも答えに困ってしまいます。

 しかし、そんな僕が「少しでも早く、絶対に見ておいたほうがいい!」と言う点でオススメなのが、九州を拠点に活動している「GALETTe(ガレット)」。昨年の夏の結成以来、瞬く間に知名度を上げ、今もっとも勢いに乗っているグループの1つと言っても過言ではないでしょう。

GALETTe

GALETTe

 とはいえまだ結成1年経たない彼女たち、まだまだ個人の魅力を知らない方も多いのではないでしょうか。そこで! 今回2ndシングルのイベントのため東京に来た彼女たちを直撃インタビュー。クールな見た目とのまさかのギャップをお楽しみ下さい。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=576450

――東京遠征お疲れ様です。では早速ですが、GALETTeさんは福岡を拠点に活動されていますが、今回のように東京に来て、ライブや握手会を通じて、福岡と東京でファンの人の差みたいなものは感じますか?

GALETTe

四島早紀

四島早紀(以下、四島):人の多さやない?

村山しほり(以下、村山):あー!多さは違う。

ののこ(以下、ののこ):乗り方とかね。

四島:え?ライブの話やろ!?

ののこ:えー!ノリ方違うやん!

村山:あー!ライブのノリね!

四島:電車とかバスの話急に始めたのかと思った(笑)。盛り上がり方ね、それは確かに違うね。

――確かにバスの先払い後払いとか、地域によって違いますもんね……。ノリというと、具体的にどこが違うみたいなのありますか?

村山:東京はフリコピ率が高い!

保坂朱乃(以下、保坂):一緒に踊ってくれるんです。

古森結衣(以下、古森):新曲を東京でお披露目したときに、一発目でフリコピしてくれて、「東京の人はさすがやな!」と思いましたね。

――九州の人はあまりフリコピしないんですか?

ののこ:声出す人が多いですね。

古森:手拍子とかも、多いです。

――なるほど、ライブ1つ見てもファンのノリ方に差があるんですね、では、握手会とかでファンと会話して感じた差はありますか?

ののこ:東京は内面がオトナの人が多い!

――それは……福岡の人怒りませんか?

GALETTe

古森結衣

古森:いや! 東京は若くても精神年齢が高い人が多いんですよ、東京はお利口さん!(笑)

四島:それ福岡が子供みたいやん!(笑)

古森:違う違う! 福岡には福岡のいいところがある!

――このままだと福岡の人が悲しむでしょうから、キチンと良いところも教えて下さい

古森:福岡の人は元気な人が多いですね。テンションが高いというか、「ワォ!」って感じできてくれる人が多いです。

――なるほど、冷静さと情熱、みたいな感じですかね……。

保坂:ふふふふ(笑)

――なにかおかしかったですか?

保坂:(村山を指さして)変な顔するんですー。

村山:してないでしょ!(笑)

古森:(指さして笑いながら)元から変な顔やん。

村山:元からの顔笑われた!(笑)

――すごく仲いいんですね、こんなに仲よかったら楽屋とかも楽しそうですね。

古森:自称仲良しです。

保坂:自称じゃないでしょ!(笑)

四島:でもホントみんなでワイワイ喋りすぎていっつも怒られますね。ダンスの練習中も、すぐ喋っちゃうから先生に「しー!」って、すぐ怒られる。MCの練習とかも練習にならないくらいうるさくて。

――みなさん年齢バラバラですよね? それなのにこんなに和気あいあいと仲良くなるものなんですね。

四島:ののことしほりの精神年齢が低いからだと思います(笑)。

GALETTe

ののこ

ののこ:低くなーい!

古森:私(ののこと)よくホテルが一緒になるんですけど、そのときも(歳上なのに)何もできなくて……ヤバイんです。

ののこ:できるもーん!

四島:「のん(ののこ)なんもできんもんねー?」ってね。

古森:「やれよ!」って感じですよ(笑)。

ののこ:ひどーい!いっつも(古森と)ホテル一緒の時に「また何も出来んコと一緒か!」って言われるんですー。

古森:起きるのも、全部私が起こしてるんですよ、歳上なんだから自分で起きてよって思いません?

――いや、こうやって笑顔で言い合えるのは何よりの仲の良さの賜だと思います。では、ののこさんの成長に期待しつつ次の話に移ります。これからの夢とか野望について教えて下さい。九州でどうなりたい、とか、全国に出ていきたい、とかあると思うんですけど。

古森:昔、武道館とか、大きい会場に立ったことがあるんですよ(編集部注:古森さんは元HKT48のメンバー)。で、今はGALETTeのこの5人で、そういう大きいところに立てるようになりたい、と思ってます。「このメンバーなら行けるな!」とも思うんですよ。個々のプライドとか意識が高くて、だから、この5人なら行けるなって。

――なるほど、では古森結衣さん個人としての目標はどうでしょう?

古森:私、レポーターになりたいんです。昔から。喋る仕事に就きたくて。GALETTeでも喋る担当みたいになってますけど(笑)地元の山口が好きなので、山口の美味しいものとか、良さを伝えられる仕事ができたらな、と思ってます。

――地元の活性化に貢献したいと!素晴らしいと思います。では、保坂さんどうですか?

GALETTe

保坂朱乃

保坂:ハム?

村山:ハム?ハムになりたいの?(笑)将来どうなりたいか、だって!

保坂:あれ?聞き間違いですね、すみません。では話を戻して……。

古森:そもそも話進んでないから!(笑)

――僕の代わりにツッコんでいただいて、ありがとうございます。では改めて、目標をどうぞ。

保坂:今持ち曲4曲あるんですけど、これから曲が増えていっても、1曲1曲大事に歌っていきたいです。そして、ういたん(古森結衣)と被っちゃうんですけど、より大きいステージに立てるようになっていきたいです。私個人としても、ソロで、歌手として大きくなっていきたいですね。

――歌への真摯な思い、素敵ですね。では次、村山さんはいかがですか?GALETTeとしての目標と、個人の目標は?

GALETTe

村山しほり

村山:福岡に、他県から見に来てくれるファンの人もいるし、逆に今回みたいに東京に来たときに、福岡から来てくれる人もいて。色々なところから会いに来てくれる人がいるので、私達も色々なところに行って、その人達に会いに行きたいなって。全国ツアーみたいなの、夢ですね。

保坂:全国ツアーやりたーい!

古森:山口でもやりたい!

村山:個人の目標は、私はアイドル以外のことをしたことがなくて。アイドルからステップアップして何かになりたいというよりは、アイドルとして全力でやって、しっかりとした大人になりたいです(笑)。

古森:もう大人やん(笑)。

――素敵な大人になっていくさまを見守るのも楽しそうですね。四島さん、いかがですか?

四島:もっともっと全国の人をガレット(※GALETTe=包み込むという意味)していって、みんなの言ってたように、大きい会場でやったり、全国ツアーをやったりに繋げていけたらなと思っています。みんな意識高く頑張っているので、それがキチンと結果に繋がればいいなって。個人の活動としてはもうすぐ映画の『ソフテン』というのに出演が決まっていて。演技はしたことないんですけど、今は目の前にあるその演技の仕事を頑張りたいです。あとはモデルの仕事もしていきたいです。

一同:美脚だもんねー!

四島:ありがとう(笑)。

――美脚を活かしたモデルさんの仕事、期待しています。では最後、ののこさん、目標とか夢はなんですか?

ののこ:GALETTeに入ってすぐの頃は無我夢中でよくわかってなかったんですけど……。今はこうやって遠征とかもさせていただけて。いろいろな人に会う機会も増えて。もっとたくさんの人に私達のパフォーマンスを見てもらって、感動してもらえるようになりたいって思うようになりました。個人としては、歌とか、ダンスで表現するのが好きなのでそれをお芝居に活かして女優さんになりたいです。

※メンバーのそれぞれの個性に迫る【後編】に続く
⇒http://nikkan-spa.jp/575914


DDマツ【DDマツ】
日刊SPA!編集部の雑用係兼『週末アイドル情報』担当。AKB48をきっかけにアイドルオタクになる。その後色々なアイドルを見るうちにDD(誰でも大好き)化していった。当日はインタビュー後、例に漏れずチェキを撮ったり握手をしたりして、イベントを楽しんだ twitter:@DDmatsu

GALETTe

四島さん考案の「DDポーズ」でチェキ

<文/DDマツ 撮影/西田周平>

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中