外国人が見た「日本人サラリーマンのバカ言動」

30代, 40代, バカ, 外国人, 職場「日本人はマジメだと聞いていたけど、こんなにバカだとは思わなかった」と語るマイクさん(31歳・人材紹介業)は来日8年目。彼の青い目にはどんなサラリーマンたちの言動がバカに見えるのだろうか?

「会社の飲み会で、遅れてきた上司をなぜかみんなで待つんだよ。2時間の飲み放題、食べ放題なのに何もせず45分も過ぎて……なんて日本人はバカなんだろうって(苦笑)」

 上司の動きを気にしすぎる日本人の気質も行き過ぎるとバカに映ってしまうよう。

「傘を使ってゴルフの練習する人がいるけど、あれを見たフレンドが爆笑。きっと働き過ぎて頭がオカシクなったんだよって(笑)」

 外国人には、“日本人は働き過ぎ”という固定観念があるため、バカさが強調されるよう。

「20~21時の繁華街には酔っぱらいがたくさんいる。そんなに早い時間で酔うなんて、“日本人は飲み会ですら忙しい”と感じるよ」

 日本に来て6年になるセラさん(27歳・IT)は、日本人の使うカタカナ語が気になる。

「日本語はとても美しいのにおかしな英語を使うのがバカに見えるの」

 ブレークスルーにドラスティック、マネタイズ……ドヤ顔でカタカナ英語を使う日本人も多いが、外国人には滑稽に見えるときがあるようなので要注意だ。

「リスケとかブレストとか省略が大好き。きっと喋るのも急ぎたい人たちなのね」

 「働きすぎ」をネタにされるのはまだマシと言えるかもしれない。

「ノマドワーカー? モンゴルの遊牧民しか思い浮かばないけど、それはホームレスみたいなこと?」(マイクさん)という指摘。本人はクールなつもりでも、ホームレス扱いとはあまりに惨めだ。

 男性の身だしなみや女性への対応でバカだと感じることがあると語るのは、ジェシカさん(28歳・研究職)。

「日本の男性は、長い髪型が多くて女性みたい。それから本当は心が優しいのに、女性を前にするとシャイで何もできない。とにかく周りの目を気にし過ぎなんだと思うけどバカみたい」

 服装については、前出のマイクさんも次のように語る。

「ヨレヨレのスーツを着るサラリーマンを見ると、景気の良かったバブル期に買ったスーツに思える。どれだけ日本人は“MOTTAINAI”が好きなのかなあ(笑)」

 バブルなんて20年以上も前の話を出されるとは日本のサラリーマン、バカにされすぎである。2/4発売の週刊SPA!2月11・18日合併号では「あなたをバカに見せる言動」という特集を組んでいる。外国人のほかにも、上司、30~40代サラリーマンは何をもって「バカだ」と思っているのか、その基準を紹介。気になる方はぜひチェックしてほしい。 <取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/岡戸雅樹 モデル/人間チョップ>

週刊SPA!2/11・18合併号(2/4発売)

表紙の人/田中将大×松井玲奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中