【ミスコン2011國學院編】ミスは前田敦子風パーツ寄せメイクで話題の読モ

ミスコン,國學院大學

ミス候補は着物姿を披露

11月17日、國學院大學で『KOKUGAKUIN Miss,Mr Contest 2011』が開催された。『古き良き日本人像の発掘』をテーマに、伝統ある同校が日本文化を発信する大学として、顔となりうる「古き良き日本人」像にふさわしいミス&ミスターが選出された。ミスコンイベントにしては珍しく平日、さらに学園祭とは別日程ということで、会場の入りを心配しつつ現地へ向かったが心配は無用だった。授業を終えた同校の学生が集まり、和気あいあいとアットホームな雰囲気でイベントは始まった。

⇒ ミス&ミスター候補者10名&イベントの模様を公開
http://nikkan-spa.jp/97653/kokugakuin11_09

候補者はミス&ミスター各5名ずつ計10名。まずは、ステージ袖から登場し、会場をぐるりとウォーキング、客席後方に用意された特設ステージでのポージングなど、ファッションショーの様な候補者紹介から。登場時も客席からは候補者の友人たちの熱い声援が。ステージではテーマに沿って、教養を試す筆記試験(クイズ)と実技試験が行われた。クイズでは、「正しい和食の配膳位置」や「三大成人病を3つとも挙げよ」などの一般常識を試されたが、ミスター候補を中心に途中から大喜利状態に。

クイズで会場は大いに盛り上がったが、その後の実技試験が何より衝撃的だった。ミス候補がミスター候補とペアになり、「ワイシャツのボタンを早く付けて着せてあげる」という家庭らしさを競う内容だったのだ。何ともうらやましい! と思いつつ、ミスが真剣な表情で針に糸を通し、それを後方から見守るミスターというのがいい絵になっていたので大満足。他のミスコンと比べても、何かに集中して真剣な表情になっているミスを見られた。

その後、全候補者の自己PRタイムとなり特技のダンスや歌、マジック、カクテル作りなど、個性溢れるパフォーマンスを経て、会場からの投票タイムとなった。筆記&実技&自己PRをとおして、それぞれのパーソナルな部分まで見せられたこともあり、筆者もこの投票には悩まされた。

ミス國學院

(左から)ミス:横地尚子 準ミス:石井えみ

結果は、ミスは前田敦子似の横地尚子、準ミスは石井えみ、ミスターには松山ケンイチ似の大橋洸允、準ミスターには西村正貴がそれぞれ選ばれた。

発表後、ミス&準ミスの2人に突撃インタビューを敢行した。

まずは、ミスに選ばれた横地尚子さん。実は、女性ファッション誌の『mina』12月号にて、前田敦子をお手本にしたメイク術を披露している。誌面で「今までははなれ目メイクにハマっていたけど、最近は寄り目がMYブーム♪ AKBのあっちゃんがお手本です」とあったように、どこか目が離せない雰囲気だ。自己PRではサンドアートを披露し、独自の世界観で会場からはこの日一番の拍手がおこった。

ミス國學院,横地尚子横地 「ミスに選ばれた実感はないですね。ミスコンのために初めてサンドアートに挑戦したので、この1週間は砂しか食べていない感じです」

趣味として相当経験があるのかと思いきや、サンドアート歴は1週間というから驚きだ。本人もやりきった感があるものの、平然とマイペースに笑っているように見えるから不思議だ。ミスに選ばれ、今後の活動の展望も聞いた。

横地 「今回のサンドアートも初めてだったので、興味があることをどんどんやっていきたいです。興味があること。好きなことで埋め尽くされる人生にしたいです」

準ミス國學院,石井えみつづいて、準ミスの石井えみさんに話を聞いた。

石井 「高校生の時にミスコンを見に行って、ずっとミスに憧れていました。準ミスになれた瞬間は驚いて涙が止まりませんでした。ここまで来れたのは、みんなのおかげ」

発表直後から止まらぬ涙を上品に隠す所作が美しかった石井さん。今後の展望も聞いた。

石井 「春にお天気お姉さんのオーディションに落ちたので、今回のミスコンをきっかけにステップアップしたいと思います。在学中にお天気お姉さんになりたいです」

ミスター&ミスの全候補者、スタッフ、来場者、すべてが一つのイベントを作っているように感じられる、アットホームなミス&ミスターコンテスト。学生時代あまり学校に居場所がなかった筆者であったが、学生らしい青春度の高いイベントに大満足だった。ミスコンはいいね!

取材・文・撮影/林健太

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中