スポーツ

女子バレーは“木村沙織の後継者”で地元熊本のエース古賀紗理那に注目!<バレーボール世界最終予選が開幕>

 5月14日、リオ五輪への切符をかけた「バレーボール世界最終予選(OQT)」が開幕する。オリンピックへの出場権をかけた最後の戦いは東京体育館で開催され、大会に出場するのは男女各8チーム。女子は14日から22日、男子は28日から6月5日まで熱戦が繰り広げられる。

バレーボール世界最終予選|バボちゃんネット - フジテレビ

「バレーボール世界最終予選|バボちゃんネット - フジテレビ」公式HPより

 日本を含むアジアの4チームに加え、ヨーロッパ大陸予選の2位と3位、南米大陸予選2位、北中米大陸予選2位の4チームが出場し総当たり戦を行う。今大会はアジア大陸予選も兼ねているため、アジアの上位1チームとそれを除く上位3チームの計4チームにオリンピックの出場権が与えられる。

 女子バレーで最も注目したいのが、“木村沙織の後継者”とされ、熊本信愛女学院高校出身の若手エース古賀紗理那だ。昨年のワールドカップでブレイクした古賀は、07年、11年W杯覇者でロンドン五輪や世界バレーでも勝てなかったイタリア相手に、46.43%の決定率でチーム1の26得点を挙げた。そしてW杯終了後、数千人だったTwitterのフォロワーが5万人を超えるほどの注目と人気を集めた。

 さらに1996年5月21日生まれの彼女は、大会期間中に20歳の誕生日を迎える。第6戦となる5月21日は、奇しくも世界ランク8位の強豪・イタリアと対戦する。

バレーボール世界最終予選|バボちゃんネット - フジテレビ

「バレーボール世界最終予選|バボちゃんネット - フジテレビ」公式HPより

 9日に都内で開かれた五輪予選へ向けての記者会見では、「わたしに今できることは、バレーボールで元気を届けること。熊本の皆さんは今も大変な生活を送っている。バレーができていることに感謝し、一生懸命プレーしたい」と意気込んだ。照れ屋な性格で人前では小声になる古賀が、はっきりした口調で語った。女子代表は20選手のうち6選手が九州出身、もしくは九州の高校出身だ。

次のページ 
ポジションは「ウィングスパイカー」

1
2




おすすめ記事