雑学

ありえない高額配当を謳う「仮想通貨ビジネス」の手口――ゲストに芸能人、盛大なイベント直後に出金停止

一攫千金を夢見る者の願望につけ入り、あの手この手でカネを詐取する“情弱ビジネス”。インターネットの普及も相まって情報の選別は困難になり、猛威を振るっている。現在進行形で営まれている悪質極まりない手口を総力取材で追った。

ありえない高額配当を謳う大流行の仮想通貨ビジネス


D9イベントの集合写真

中原氏が参加したD9のイベント。出入金はビットコインでも可能。昨今の業界では仮想通貨がキーワードなのか。

 アップテンポな電子音とブラックライト。クラブイベントのように演出された会場は、異様な熱気を帯びていた。今年4月16日、東京・台場のヒルトンホテルで行われた、D9クラブのコンベンションである。

 元シブがき隊の布川敏和氏が司会を務めたこの会には、総勢1200人が詰めかけた。

 D9クラブとは高利回りを謳って投資を呼びかける、いわゆるHYIP(高収益投資プログラム)のひとつ。4月といえば、爆発的に投資家を増やしていた時期だ。このイベントに参加していた、中原裕太氏(仮名・34歳)が話す。

「当時すでに4000ドルを投資していて、順調に配当も出ていたので追加投資を検討するためにイベントに参加しました。想像以上の規模だったし、沖縄でも同様のイベントが近く開催されるという発表もありました。会場では初対面の人たちと『いくら儲かった』『次はいくら投資する』などと話に花を咲かせ、すぐに仲間意識が芽生えた。そこで彼らと約束したとおり、私は翌日1万4000ドルの追加投資を行いました」

盛大なイベント直後に出金停止トラブルが勃発!


 D9からの配当が何の前触れもなくストップしたのは、このイベントのわずか数日後――。

「最初のうちは高額配当をばらまいてさらなる投資を呼び込み、あるとき急に持ち逃げする。典型的な投資詐欺の手口でしたね」

 結果的に200万円以上の損失を被った中原氏。自嘲気味にD9のシステムを明かしてくれた。

次のページ 
ありえない利益率でも騙される

1
2





おすすめ記事