ライフ

「婚期を逃す男」は同じミスを繰り返す。結婚できなかった41歳男性の後悔

 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

「婚期を逃す男」はなぜか繰り返す

山本早織

山本早織

 今回のテーマは「結婚のタイミングを繰り返し逃す男」です。結婚したいと思い、結婚相談所に来る男性の多くは、過去に一度や二度、「本当はあのとき、結婚のタイミングだったんじゃないかなという巡り合わせがあります。  その運命をキャッチせず、そのときは「これが正しいんだ」と思えていたはずが、実は今になってみれば「あのタイミングに結婚していれば、こんなに婚活に苦しむことはなかった」と後悔をする方もいます。 「運命の神様は前髪しかない」という言葉があるように運命とは過ぎ去ってから掴もうとしても掴めません。そして、結婚のタイミングを逃し、運命を逃す人というのは、何度も同じことを繰り返す可能性があります。

「運命の人」だったと気づいたときには…

婚活 2年前、成婚したトシアキさん(仮名・41歳)は結婚相談所での活動中になんと二度も運命の人を逃しています。最初は活動をしたばかりだったとき。女性からアプローチを受け、「まだこの中に僕の本当の運命の人がいるんじゃないか」と考え、時間を引き伸ばし、その結果、彼女のほうから別れを告げられ、交際終了となりました。  しかし、その当時は運命の相手だったとまったく気づかず、その後に婚活を続けていく中でトシアキさんがポロっと私に「あのとき、彼女の強いアプローチを受け入れて結婚しておけばよかった」と言いました。  あれが運命の相手だったとあとから気づいたときにはもう遅いのです。一人目の運命の彼女はそのとき、もうすでに成婚退会となっていました。
次のページ
プロポーズ直前までいったのに破局…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事