“南海キャンディーズ山ちゃん似”でも新人OLを落とせる

入社1年で先輩に抱かれちゃったゆとり新人OLのナマ告白集

【おバカ系】
日経を読む”格上”の先輩に”センス”を認められて…


伊藤 舞さん(仮名・23歳)電機メーカー

100420_CL2_03.jpg
 舞さんが最近まで付き合っていた相手は、同じ部署で35歳の先輩。そのルックスは「南海キャンディーズの山ちゃん似」、しかも既婚者だという。

「入社してすぐ、私の教育係についた彼。初日に『社会人なら、日経新聞くらい読んでおけよな』と言われ、いきなりグッときちゃったんです。フツーの新聞でもいいけど、”日経”ってやっぱり格上な感じがするじゃないですか」

 日経を読むなんて、それこそ”フツー”だと思うんですが……。ゆとり世代の舞さんには、いかにも「同世代の男子にはないハイクラス感♡」と映ったもよう。

 「あと、自分でもホントゆとりだなと思うんですが、ミスをしたときに呆れた顔をされるだけだと、すごくツラいんですよ。その先輩はすぐ『バカ!』とか言うんですけど、フォローもしてくれる。『せっかくのセンスがもったいない』って言ってくれるんです。”格上の先輩に、私はセンスを認められたんだ“って思うと心地よくて、気づけば、彼のことが気になって仕方なくなっていました」

 そして会社帰りにはご飯を食べながら、”日経新聞に載っていた今日の出来事”をレクチャーしてもらい、ますます先輩に惚れこんでいったという舞さん。入社して3か月がたったある日、終電を逃してしまい、誘われるままタクシーへ。

「気づいたらホテルに着いてHしてました。その後1年近く、週2でご飯を食べては何となくHする関係に。もともと仲が良かったし、”不倫してる”って感覚はなかったですね。土日に会えないので寂しくなって別れましたが、彼のおかげで成長できた気がしているので、後悔はしてません(笑)」

 おつむは弱いが、かくも明るく前向きなゆとり新人OL。何ともありがたい存在ではないか。

【ここがゆとりのツボ】
日経購読でオトナを演出&注意しつつセンスを褒める合わせ技で一本!

― ゆとり新人OLは簡単に口説ける!【2】 ―




おすすめ記事