恋愛・結婚

「元ヤ〇マン」の現在を追跡

yari

杉本美樹さん(仮名)26歳・専業主婦 体験人数 70人/ヤリマン期間 16歳~24歳

 ヤリマン。なんとも深遠なその響き。男にとって彼女たちは天使なのか、悪魔なのか……。というわけで、「元ヤリマン」だった女性の「現在」を追跡してみた。

「高校一年生の夏がピークでした。ひと夏で25人ぐらいの男のコと、エッチしちゃったような」と、悪びれる様子もなく、天女のように柔らかい表情で話すのは、元ヤリマンの杉本さん。聞けば彼女、学校裏サイトの『○○高校 ヤリマンランキング』で2位になった実績(!?)もあるそうだ。

「ちなみに1位と3位は、仲良しグループのコでした(笑)」

 杉本さんに悲壮感はない。それどころか、当時を懐かしみ、なんだか楽しそうなのである。取材場所は北区某所の喫茶店。冷房の風が記者のほうになびくと、フルーティな甘い香りが漂う。2歳4か月の娘をもつ母親には、誰も見えまい。トリンドル玲奈のようなつぶらな瞳が印象的だ。

「今日は、育児の取材を受けると言って、近くの両親に子供を預けてきたんですよ(笑)」

 結婚したのは23歳の時。“できちゃった婚”というヤツだ。相手は、当時バイトしていたカラオケバーの店長。「まったく好みの容姿ではなかった」と前置きしたうえで、当時を回想してくれた。

「燃えるような恋をしたわけではないけど、イイ人だったんです。バイト先の男のコ10人のうち、既に5人と一戦交えていたんですが、そんな事実も黙認してくれて。私、酔っぱらうと見境がなくなっちゃうんです。だけど彼は、そんな私に真摯に接してくれました。できちゃったっていうものあったけど、『産みたい』と思えたんです」

 妊娠するまでの彼女は、来る者を拒まず、人肌が恋しくなると自ら進んで男を誘惑することも少なくなかった。そして何よりも、快感が全身を包みこむ“セックス自体”が好きだった。

「愛がなくてもセックスは気持ちいい。コレが私の持論でした。欲を満たせると、人間って幸せな気持ちになれますよね。だからどんな男の人とヤっても、後悔なんて全然ないです(笑)」

 スイーツ好きの女性がコンビニでシュークリームを買うような感覚で、男を喰っていたわけだ。目下の悩みは、セックスレス。旦那さんとは3か月に1回程度しか、エッチをしていないという。

「私から求めても、『疲れたから今日は……』と逃げられてしまうんです。誘って断られた事なんて、結婚するまでなかったので、昔の私がみたら、嘆くと思います(涙)。今はもっぱら、寂しくオナニー。子育てがひと段落したら、パートでもしてみようかな」

 そう話すと彼女は、この日、初めて“ほくそ笑む”のだった。その様子を見て、記者は思った――。パートに出たら出会いがあるな。ダメですよ、ヤリマンに戻ったら。<取材・文/紺谷宏之>

※週刊SPA!7/10発売号「人間ドキュメント[元ヤリマンの現在(いま)]を追跡」特集に更に詳しく掲載

週刊SPA!7/17号(7/10発売)

表紙の人/フューチャーガールズ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事