スポーツ

【イチロー】史上最強のライパチ君デビュー!

 電撃のトレード発表からわずか3時間後――。

イチロー

「イチローはダッグアウトを変えてデビューした」ヤンキースの流儀に則って口ヒゲを落としてセーフコフィードに姿を現したイチロー(MLB公式サイトより)

 慣れ親しんだシアトル、セーフコフィールドのライトの定位置に向かったのは、いつもより「20」若返った、背番号「31」のイチローだった。

 今日から始まるシアトルでのヤンキース3連戦の初戦前に、電撃トレードを発表するあたり、流石はヤンキース、そして千両役者イチローだ。

 4日後に開幕するロンドン五輪から、ファンの意識をMLBに引きつけるには十分過ぎるインパクトを残した記者会見だった。

 イチローの記者会見が行われたあの時間は、ホームチーム、マリナーズの打撃練習中だった。つまり、マリナーズのチーム関係者はほぼ全員、グラウンドにいる時間である。

 渡米から11年半の長きに渡り、自分を育ててくれた“古巣シアトル”のチームメイト、及び球団関係者へ無礼がないように、実にスムーズな段取りで記者会見は行われた。

イチロー

記者会見が終わると、ヤンキースのダッグアウトのボードにはスタメン表が貼りだされた

 イチローのヤンキースデビューはセンセーショナルなセンター前ヒット、そして二盗から始まった。

 ヤンキース先発の黒田は、イチローをバックに粘投を続け、今日もナイスピッチング。大家友和の持つ日本人メジャー通算歴代2位に並ぶ「51」勝目を挙げた。

 シアトルでの11年半、イチローの打順は1番、2番、3番のいずれかでしかなかった。

 守備位置にしても然り。

「エリア51」と呼ばれたライトの定位置はイチローのための舞台で、ごく稀に、DHやセンターでの出場はあったにせよ、ほとんどは1番ライト、あるいは3番ライト、でのスタメンを約束されていた。

 野球人生の新たな局面を迎えるヤンキースでは、そうはいかないだろう。1番ジーター、2番グランダーソンは共にオールスターのスタメンプレイヤーだ。

 新たなホーム、ヤンキースタジアムでは、レフトの守備に就くことも多々あろう。伝統的に広い谷間のある左中間で、イチローは新たな存在感を示すことができるのか。

 現在のMLB30球団で唯一、勝率6割を超えている最強集団ヤンキースでの、イチローのスタートは、日本だったらミソッカスの8番ライト、ライパチ君から始まった。

 さぁ行け、イチロー!

<取材・文/NANO編集部
海外サッカーやメジャーリーグのみならず、自転車やテニス、はたまたマラソン大会まで、国内外のスポーツマーケティングに幅広く精通しているクリエイティブ集団。「日刊SPA!」ではメジャー(MLB)・プロ野球(NPB)に関するコラム・速報記事を主に担当。ロンドン五輪の期間には各種競技のレビューをお送りします!




おすすめ記事