スポーツ

【五輪7日目】シンデレラ・ガール鈴木聡美2つ目のメダルなるか?

― 日本は金2、銀4、銅11 ―

●8月2日(木)第7日目

鈴木聡美

100m平泳ぎで銅メダルを獲得した鈴木聡美(山梨学院大)。ハキハキとしたインタビューと澄んだ眼差しに人気も急上昇!

 開幕からはや1週間。昨日まで日本チームが獲得した金メダルは女子柔道、松本薫のひとつだけ。銅メダル量産でそれなりの賑わい感はあるものの、どこかスカッとしなかった今大会だったが、内村航平がやってくれた! 体操の男子個人総合、最後の着地が決まった時、テレビの前で深夜のガッツポーズを決めた視聴者は、多かったのではないだろうか。

 さあ、今日は水泳に期待しよう。

 男子200m背泳ぎでは、入江陵介と渡辺一樹が決勝へ。特に入江は4年前の北京は5位、昨年の世界選手権では2位と実績は十分。男子200m個人メドレーにも萩野公介と高桑健がファイナリストに残った。400m個人メドレーで銅を獲得したスーパー高校生・萩野は2つ目のメダル獲得なるか。

号外

今朝配られた号外。殺到する人々に混じって、記者も貰ってしまいました。

 女子200m平泳ぎでは、鈴木聡美に注目。100m平泳ぎの銅に続き、女子大生シンデレラ・ガールの飽くなき挑戦をお見逃しなく。

 柔道は男子100キロ級に穴井隆将、女子78キロ級に緒方亜香里が出場する。2人ともメダルチャンスは十分にある。ここまで男女10階級を終えて金1、銀2、銅3の柔道陣。残り4階級で金をいくつ獲得できるか。

 その他、体操女子は個人総合。男子テニスは世界ランク5位を撃破した錦織圭が、準々決勝に挑む。

【今日の見どころ!】
深夜0時の錦織、深夜0時30分からの体操女子、深夜3時過ぎからの水泳で寝不足必至!!

<取材・文/NANO編集部
海外サッカーやメジャーリーグのみならず、自転車やテニス、はたまたマラソン大会まで、国内外のスポーツマーケティングに幅広く精通しているクリエイティ ブ集団。「日刊SPA!」ではメジャー(MLB)・プロ野球(NPB)に関するコラム・速報記事を担当。五輪期間は見どころや速報記事を精力的に更新します!




おすすめ記事