スポーツ

【松坂大輔】衝撃の移籍報道の裏側

 複数の報道が明らかにしているように、どうやらボストン・レッドソックスは、松坂大輔をウェイバーに公示している模様だ。第一報はこの人。ESPNのインサイドレポートのオルニー記者。

松坂大輔,移籍

松坂のウェーバーを報じた記者のツイッター

 MLBには、クラブ、選手、そしてリーグに至るまで、平等に権利を保つための様々なルールが確立されており、このウェイバー制度もそのひとつだ。

 ある球団が、「この選手に興味はありませんか?」と申し出るのがウェイバー公示。これに対して、「ある、ある、興味あります!」と複数の球団が反応した場合は、先に同一リーグ(今回のケースはボストン・レッドソックスが所属するア・リーグ)の球団が優先権を持つ。また、複数球団が名乗り出た場合は、現時点での成績の悪い方が優先される。

 ウェイバーに公示された選手が、プレイオフ・ロースター締め切りとなる8月31日までに新球団に移籍した場合は、7月末のトレード期間後であっても、10月からのプレイオフに出場できる権利が与えられる。今季プレイオフ絶望のボストンは、つい先週末もウェイバー経由でローテーション投手を含む、超大型トレードを成立させたばかりなのだ。

◆テキサスに移籍 ダル、松坂のローテーションはあるか?

松坂大輔

突如ウェーバー公示を報道された松坂大輔。メジャー通算50勝を挙げた直後だけに、衝撃が走った

 一方、申請の取り下げが自由にできるウェイバー制度には申請球団のリスクはなく、むしろボストンは「現在の松坂の評価価値を知る」貴重な場として、積極的に活用しているのかもしれない。

 また、今回のタイミング(今季初勝利で通算50勝目の直後のウェイバー公示)についても、ウェイバーにかけた上で、松坂に7週間ぶりの先発機会を与えた、と読むのが普通であって、「7回1失点(自責0)の好投で価値が高まるから、ウェイバーにかけた」のは事実と異なるといっていい。

 タイミングも重要な要素のひとつだ。今季は地区最下位でどん底のレッドソックスが、例年のようにヤンキースあたりと激しいデットヒートを繰り返していれば、今ごろは逆に、他球団から主力投手をトレードで獲得しているころだろう。そんな時は、松坂のメジャー復帰登板(そして通算50勝)はなかったかもしれない。

 6年契約の最終年を迎え、ほどなく来季の契約に焦点が集まる松坂。それを見越したボストンは、「ウェイバーというオープンな市場で他球団の評価を聞き」、来季以降への再契約の検討材料にしていると考えるのが「メジャー通の見方」と言える。

 ちなみに。6年前の松坂の大型契約には、ノートレード条項(本人の合意なしでのトレードは不可)が含まれているため、仮に今回のウェイバーで全ての条件が整ったとしても、最後は松坂本人が移籍のYES/NOを決められる。

 またメジャーには、「○○選手がウェイバー公示されています」的なアナウンスは一切ない。全ての球団には、いつでも誰でも、自由にウェイバーに掛ける権利があるために、選手自身も知らないうちにウェイバーに掛けられているケースがほとんど。大抵はGM同士のヒソヒソ話で存在する話なのだ。

 だから、バレンタイン監督が「そうなの?知らなかった」と答えるのも当然。

 我々ファンは、「テキサスに移籍したら、ダルビッシュ、松坂の夢のローテーションがワールドシリーズの舞台で見れるかも!?」なんて夢想するが、それはまさに「夢の話」なのだ。

<取材・文/NANO編集部
海外サッカーやメジャーリーグのみならず、自転車やテニス、はたまたマラソン大会まで、国内外のスポーツマーケティングに幅広く精通しているクリエイティブ集団。「日刊SPA!」ではメジャー(MLB)・プロ野球(NPB)に関するコラム・速報記事を担当。

ハッシュタグ




おすすめ記事