求職中女子お持ち帰りできるかな? 本誌ライターが挑戦

◆本誌ライターカンクルーが挑戦

某日、携帯に編集Mから着信。「なんかさ、“求職中の女のコが口説きやすい”っていう企画をやるんだけど、今週いっぱいで口説いてきてくんない? キミならできる。うん、できるよ」と、念仏のように唱えながら電話を切る編集M。絶対酔っ払ってる……。

というわけで、やってきたのは某区のハローワーク前。ここなら、間違いなく求職中の女のコだな。早速、ナンパ開始だぜ!

「オツで~す。これからお茶でもどう?」。「気持ち悪いんで、やめてください」って素通りかい! やばいな、全然捕まらねぇ……。

普段なら誘っても渋い返事なのに、ヒマなせいか絵文字満載でノリノリの即レスが!

その後も、3時間収穫ナシ。もういいや。誰か誘って飲みにいっちゃお。アパレル店員のカナコちゃん(23歳)に「仕事終わったら、飲みにいこ~」とメール。すると、「いいよ~」と快諾。最近、仕事のグチばかりだったけど、元気かな?

そして、居酒屋へ。「最近、仕事どうなの?」と聞くと、「もう店長に怒られてばっかりで、ツラくて辞めちゃったぁ」。え、マジ? 「じゃあ、今日は時間忘れて飲も!」。こういうときは、聞き役に徹するのが基本なりね。気づけば、終電もなくなり午前1時。

「閉店だし、次行こ!」と、エレベータに乗り込む。「この後どうする~?」と寄りかかってくる彼女。すかさず、キッスに成功! こりゃ、イケる! 「じゃあ、ホテ……」まで言いかけたところで、「やっぱ、帰る!」とタクシーに乗り込むカナコちゃん。って、帰るんか~い!

聞き役に徹してキスをゲットしたのよかったが、最後の焦りは禁物。それさえ守れば、今度はきっと……イケそうな気がする~!

トイレから戻る際に後ろからパチリ。心なしか背中から見ても不安がにじみ出ている


― 結論[求職中の20代女子]は簡単にオチる!!【10】 ―




おすすめ記事