デジタル

中国で生まれた、iPhoneが2倍使える画期的な「皮」

◆「2台持ち」の悩みを解消すべく、中国で誕生した「皮」

iPhone中国では、iPhone、iPod touchなどアップル社のモバイル製品は、いまだに値段が高く、主にホワイトカラーが利用し「かっこいい」「おしゃれ」「経済的余裕がある」というイメージが強い。

また、日本と同じように、基地局の数が他社と比べて少ないため、ユーザーが満足できるサービスを提供するには至っていない。そのため、これまた日本と同じように携帯端末を2台以上持つ人も少なくない。つまり、アップルユーザーにはかなり不便だといえる。

消費者たちの不満を解決し、一台の端末で複数の通信サービスを利用するニーズに答えるために、中国では「画期的な」アクセサリが開発された。「アップルピール」(リンゴの皮)というジャケットがそれである。

◆本当に1台で2キャリア!? 実際に使ってみた!

すでに何社かが販売しているが、一番注目されているのは「2phone」という新商品で、iPhoneをはめて使用する。外見をみると電話をかける緑のボタン、切る赤いボタン、SIMカードスロット、それに電池をいれるところ。いかにもシンプルで、デザインもiPhone端末とうまく融合し、かなり凝っているアクセサリと言える。

では、肝心な2キャリア機能はどうだろう。試してみると、ちゃんと機能している。一瞬、「これはすばらしい」と思った。

◆よくよく、考えてみた…これはもしかして

しかし、よくよく考えてみると、「アップルピール」を使用する際に、もともとiPhoneの本体に差し込まれているSIMカード以外に、別途違うキャリアのSIMを「アップルピール」のスロットに入れる必要がある。

と思うと、もしかして、iPhoneに装着しなくても。。。。。やっぱりiPhoneから外しても「アップルピール」が普通の携帯のように使えるのだ。といっても、実は電話を取るのは簡単だけど、かける時に専用アプリを立ち上げないと使えない(しかも脱獄が前提)。

確かに2キャリアだけど、どう考えても。。ビミョウ。。。

パネルのない携帯を買ってきて、iPhoneにくっつけて使用する。いったい、誰が買うんだろうね。

◆Beijin Chukong Co.,Ltd日本事務所 温 浩邦(ウェン ハオバン)

【中国モバイル最前線】
・えっマジ!? 中国からパクリ携帯が消えた?
・中国で早くもiPhone5が熱売中?
(http://www.spapp.jp/index.php?catid=29)




おすすめ記事