陳満咲杜『~基本にして最強 GMMA+RSI~ 二刀流FX』amazon購入特典キャンペーン第2弾

二刀流FX 好評につきキャンペーン期間を延長!ラジオNIKKEIの人気アナリストとしてもお馴染み、陳満咲杜氏の最新FX本『~基本にして最強 GMMA+RSI~ 二刀流FX』をamazonで購入して頂いた方に、陳氏の特別セミナー動画をプレゼント!

 本書の“肝”ともいえるトレンド系テクニカルの王様「GMMA」とオシレーター系テクニカルの王様「RSI」の併せ技のなかで、さらにテクニカル王道であるボリンジャーバンドを組み合わせたトレード手法についてわかりやすく解説。ローソク足チャートに……ではなく、RSIにボリンジャーバンドを表示させるのが”陳式”の肝。今まで誰も教えてくれなかったRSI+ボリンジャートレードもさるところながら、陳氏の軽妙なトークにも一見の価値あり!

※キャンペーンは終了いたしました

<特典動画ファイル内容>
・RSIにボリンジャーバンドを表示させることで明らかにエントリーポイント
・RSIの±2σタッチが”エントリー準備”のサインに
・±2σにタッチしたRSIが次に高値・安値をつけに行ったポイントでエントリー
・ローソク足チャートのGMMAと見比べて、相場の転換点を見極めよ!


<ご利用について>
当サイトの特典動画ファイルの著作権は陳満咲杜氏ならびに(株)扶桑社に帰属します。動画ファイルの改変・無断転載・再配布・販売・ネット上へのアップロードは法律で認められた場合を除き、著作権の侵害になります。また、同様に音声ファイルを利用した文字による制作物の配布・販売も禁止されています。

『~基本にして最強 GMMA+RSI~ 二刀流FX』の内容紹介>
 トレンドの見極めや押し目買い・戻り売りのタイミングが一目でわかると好評を博した『GMMAの真実』(扶桑社刊)の続編が満を持して登場! 著者はラジオNIKKEI月曜レギュラーの人気アナリスト・陳満咲杜氏。

 本書の特徴は、陳氏が日本に広めたトレンド系テクニカルの王様「GMMA」に加えて、これまで日本人が“間違った使い方”をしてきたオシレーター系テクニカルの王様「RSI」の“正しい使い方”を解説することで、より正確にトレンドを掴み、より正確にエントリーポイントを見極めるトレード手法を説いた点にある。

◆日本人が間違えて覚えてしまったテクニカル=RSI
・RSIは買われすぎ・売られすぎを見極めるテクニカルでなく、トレンドの“勢い”を示すテクニカル
・RSIが「70以上は売り」「30以下は買い」でなく、「50以上は買い場」「50以下は売り場」
・RSIの変動レンジの上限・下限ブレイクは、売買サインになる
・RSIとローソク足の逆行現象である「ダイバージェンス」はトレンド転換のシグナルではなく、トレンド強化のシグナルとなるケースも多い
・RSIとローソク足の「リバーサル」は明確な「トレンド強化」のシグナル
・“RSIのトレンドライン”をブレイクしたときはエントリーチャンス
・RSIのリバーサル発生時は「リバーサル・カウント」によって目標価格が一目で明らかに

 などなど、これまでの常識を覆すトレード理論が盛りだくさん!

※キャンペーンは終了いたしました

<著者プロフィール>
陳満咲杜陳満咲杜
(株)陳アソシエイツ代表取締役。1992年に来日。大学時代より株式投資を開始。中国情報専門紙の株式担当記者を経て、黎明期のFX業界へ進出。海外金融機関でトレーダーとしての経験を積んだ後、GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て、独立。「ブルベアFX通信」の執筆のほか、現在、ラジオNIKKEで毎週月曜日21:30~22:00まで相場の解説を担当している。日本テクニカルアナリスト協会検定アナリスト。『FXトレーディングの真実』『FX最強チャートGMMAの真実』(扶桑社)、『FX投資のすべてがマンガでわかる! ザイが作ったマンガ「FX」入門』(ダイヤモンド社)など著書多数

※応募は、株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」のフォームを使用しています。ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、弊社の個人情報保護方針に則り厳重に取り扱います。
備考:扶桑社の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

基本にして最強 GMMA+RSI 二刀流FX

“二刀流FX”の真髄が初めて明らかに




おすすめ記事