雑学

意外な結果!? バケーション予算が高い国トップ10

バケーション,旅行,海外 いよいよゴールデンウィークも本番に突入したが、期間中、約47万4000人もの日本人が海外旅行に行くという(JTB調べ)。海外の観光地で落とす金額は、今や“爆買い”中国人に押され気味の日本人だが、それでも多くの人々が各地で散財する。

 そんな中、興味深いランキングが発表された。海外旅行情報サイト「トリップアドバイザー」のTripBarometer survey(統計調査)で「最もバケーション予算が高額な国民ランキング(2013年度)」が発表されたのだ。結果は以下の通り(調査期間は2013年2月~10月)

1位 スイス人 約118万円
2位 オーストラリア人 約107万円
3位 イギリス人 約91万円
4位 ドイツ人 約89万円
5位 アメリカ人 約84万円
6位 ニュージーランド人 約78万円
7位 カナダ人 約75万円
8位 アイルランド人 約68.8万円
9位 フランス人 約68.7万円
10位 イスラエル人 約68.2万円
(1$=102円で計算)


 上記は「一人あたり、2013年の1年間にバケーションにいくら予算をかけたか?」という質問で、現地でのショッピング代等は含まれていないという。日本は残念ながらランクインしていないが、トリップアドバイザーは主に欧米圏の利用者が多いため、日本人のデータが正確には反映されなかったようだ。一方、中国はランク外だが、約52万円という数字だった。

 全体的に欧米先進国が上位を占める結果となったが、今や訪日外国人が1000万人を突破したわが国にとってもこのランキングは大きなヒントになる。スイスは人口が800万人と決して多くはないが、もっともお金を落としてくれる「スイス人」に特化し、ニッチなツアー内容やコンテンツを提案していくのもいいかもしれない。

<文/日刊SPA!取材班 参照元/SKIFT




おすすめ記事