雑学

1瓶1万円超!日本一高価な「ヴィンテージビール」

昨今、さまざまな企業が打ち出している「高級ライン」ブーム。食べ物から日用品まで、気になる「高値すぎる商品」を調査してみた

◆1本1万円以上!日本一高価なヴィンテージビール

●那須高原ビール ナインテイルドフォックス1998年
価格:1万1880円(税込み)/相場:300~600円

那須高原ビール

今年発売の「2014年」モノのお値段は3780円。那須高原ビールのサイト(http://nasukohgenbeer.shop-pro.jp/)から購入可能

 サラリーマンの夜のお供に欠かせないビール。いかに高くとも、相場は数百円……と思いきや、なんと1万1880円のビールが存在するという。その名も、「那須高原ビール ナインテイルドフォックス 1998年」。いったい、なぜこんな高価格に?

「このビールは長期間熟成するほど味がよくなる世界初のヴィンテージビール。特殊な製法で造るため、原材料は通常のビールの約3倍。熟成にも時間がかかるので、製造期間も3倍。だから普通のビールよりも高価になってしまうんです。また、ワインなどと一緒で長年熟成させると価値が高くなるので、『1998年』モノの場合は1万円以上の値がついているんです」(那須高原ビール・広報担当)

 購買者層は20~30代ぐらいの若者。「ビールがお好きだから、一度飲んでみたいと思われる方が多いようです」とのことだった。

 そして、気になるお味だが、アルコール度が11%と高い上、熟成されているため、「重い」。「ビールに1万円は高い!」と当初思ったものの、ビールというより新種のウイスキーのような重厚な味わい。数万円のヴィンテージワインやウイスキーを楽しめる人ならば、試してみるのもアリかもしれない。

― [高値すぎる○○]実際に試してみた!【2】 ―




おすすめ記事