雑学

すべて手作業!高級缶“ノザキのコンビーフ”は1缶約1000円で肉々しさたっぷり

昨今、さまざまな企業が打ち出している「高級ライン」ブーム。食べ物から日用品まで、気になる「高値すぎる商品」を調査してみた

◆粗めにほぐした“高級コンビーフ”でプチ贅沢気分に?

●ノザキの山形県産牛コンビーフ
価格:916円(税込み)/相場:100~300円

コンビーフ

「山形県産牛 ノザキのコンビーフ」の購入はネットが中心。「川商フーズストア」で購入できる。http://www.k-foods-store.net/

 低価格でコスパ最強、給料日前の心強い味方の缶詰も高額商品が増えている。コンビーフの定番「ノザキのコンビーフ」の販売元「川商フーズ」では、“山形県産牛 ノザキのコンビーフ”を販売。300円前後の通常品と量は変わらないが、お値段は916円とかなりの高級品。1000円のコンビーフというと多少抵抗があるかもしれないが、缶を開けると見るからに肉の繊維が太く大きい。担当者曰く「繊維状のほぐし肉を粗めに加工。機械では詰められないのですべて手作業。40代以上の往年のファンの『高くてもよりおいしいものを』という声で開発に至りました」(食品流通部担当者)。

 口に入れると確かに嬉しい肉々さが広がる。つまみはもちろん、厚めに切って炙れば立派なおかずになるだろう。もう少しガツンと肉を感じたい気もするが、「今後さらにブランド牛や食感にこだわった高額商品を検討中」とのこと。

 一方、K&Kブランドで知られる国分の「缶つま」シリーズは170~2000円(税抜き/缶つま★レストラン オマールエビのオリーブオイル漬け)を揃えている。「缶つま★レストラン うにのコンソメジュレ」(990円/税抜き)は磯の風味とうにの旨味満載。皿に盛れば立派なつまみに。

 高めでも、家飲みなら結果的に割安で済むのは嬉しいところだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=729046

缶つま

脂もうまい缶つまプレミアム 霧島黒豚角煮(800円/税抜き)なども。スーパーやコンビニなどで購入可能

― [高値すぎる○○]実際に試してみた!【1】 ―




おすすめ記事