雑学

サラリーマン300人に聞いた「効果があったダイエット」は?

 35~45歳の男性サラリーマン300人に「効果の出たダイエット」について調査したところ、近年、もっとも注目を集めた減量法といえる糖質制限ダイエットが2位にランクイン。高評価の理由はやはりその手軽さにある。普段の食事から米やパン、麺類などの炭水化物を抜く代わりに、肉や魚、大豆製品などはしっかり食べてOK。食事のメニューを変えるだけで、食事の量そのものは減らさなくていい。「空腹感に苦しめられることがないのがいい」という声が多数。

肉ばかり食べる生活を2週間続けたライターO

炭水化物は毎日おにぎり1個。肉ばかり食べる生活を2週間続けたライターOは糖質制限で2㎏減に

「肉をがっつり食べられるので、ストレスなく続けられた」(39歳・IT)、「1カ月ほどで5㎏も減った」(37歳・金融)と効果も確かな様子。そのメカニズムはこうだ。

 肥満の主な原因は糖質の過剰摂取である。糖質は体のエネルギー源になるが、摂取し過ぎると脂肪として蓄積されてしまう。しかし糖質を制限すれば、エネルギー源が足りないため、体内に蓄えた脂肪が燃焼されるというわけだ。

 ただ、体験者たちからはこんな声も。「炭水化物NGだと外食の選択肢が少ない。外回りは出先で持参の弁当を食べるわけにも行かずに困る」(37歳・営業)、「おかずの量を増やすために自炊をしたが、料理が苦手だと思ったよりお金がかなりかかってしまう」(35歳・出版)というコストに関する意見のほか、ダイエットエキスパートの和田清香氏からはこんな注意も。

「完全に糖質オフにすると短期間で減量しますが、その代わり体調を崩したり、リバウンドのリスクも高まります。昼食だけ炭水化物を少し食べるなど、1年くらいかけるつもりで、ゆるやかに腰を落ち着けてやるのがおすすめです」

 7/28発売の週刊SPA!では、「本当に痩せたダイエットBEST10」というという特集を組んでいる。1位はなんだったのか? 気になる方はぜひ本誌をチェックしてほしい。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!8/4号(7/28発売)

表紙の人/進撃の巨人

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事