日本の通史と文化を的確にまとめた書籍――『英語対訳で学ぶ日本』は必携の書(3)

『英語対訳で学ぶ日本』の目次の一部

欧米での駐在が長い人が本書を高評価


 1月下旬に発刊された『英語対訳で学ぶ日本』(発行=育鵬社、発売=扶桑社)は、上の目次例にあるように、日本の通史はもちろん、文化や特色まで111項目を英語対訳した書籍である。

 1項目ずつをすべて見開きにして、左側ページには400字未満の日本文、右側ページにはその英訳文を掲載。英訳文はつとめて分かりやすい英文となっており、レベルの高い英単語には、読み方をカタカナで表し意味を付している。

 見開きのページサンプルとして、この連載2回目で紹介した八田與一の項目を以下に掲載してみた。

本書に掲載されている八田與一の項目

 ところで本書は、欧米での滞在が長い人に注目されており、例えば以下のブログで高評価をいただいている。

【「日本て、どんな国?」と聞かれたら】 (伊勢雅臣氏の「国際派日本人養成講座」1月28日号より)

 訪日外国人数は昨年1年間で2869万人であったが、海外を訪れる日本人もここ数年、1600~1700万人で推移している。

 本書は、海外留学者や駐在者にも役立つ書籍である。(続く)

(文責=育鵬社編集部M)

英語対訳で学ぶ日本 歴史と文化の111項目

あなたは英語で、日本を伝え説明できますか? 英語の勉強にもなり、日本史通にもなれる。草の根の交流に役立つ極上の一冊!





関連記事