売れるAV女優の見極め方 面接の合格率は1~2%!?

AV女優の数も増えて“女優供給増”と言われる現在。売れっ子女優になれるのはほんのひと握り。今どんなコが“売れる女優”になれるのだろうか? 女のコのどんな部分をチェックして、専属契約を結ぶ女優を決めているのだろうか? 人気AVメーカーのプレステージに潜入し、逸材を見極め続ける“目利きのプロ”、メーカーのキャスティング担当者に話を伺った!

売れるコの見極め方とは?


「毎月100人近くの女のコの面接をしていますが、その中で専属契約を結ぶのは、せいぜい1人か2人なんです」

“目利きのプロ”に話を伺った

木島氏はキャスティング担当として膨大な数の面接をこなすだけでなく、撮影現場でのディレクションもこなしているという

 合格率は1~2%!? そんな驚くべき内情を教えてくれたのは、人気メーカー「プレステージ」で10年以上にわたってキャスティング、制作を担当している木島氏(仮名)。面接に来る100人もズブの素人というわけではなく、選考を経て事務所に所属するコたち。そんな中から“売れる女優”を発掘するための面接とは、具体的にどのような内容なのだろうか?

事前に書いてもらう面接シート

コレが事前に記入してもらう面接シート。数十項目にわたるチェック欄がビッシリ並んでいる

「まずは事前に面接シートを書いてもらいます。初体験の時期、経験人数、オナニーの頻度、イッたことがあるかなどのさまざまな項目があり、そこから過去のエピソードを聞きだしていく形ですね。ここで見極めようとしているのは、そのコの“本質的なエロさ”。性的なことに好奇心旺盛なコのほうがやっぱり撮影しがいがありますし、人気も出ます。いろいろと話を掘り下げていきながら、時折こぼれる“エロさ”を見逃さないようにするのが重要です」

 そのほか、スタイルを吟味すべく面接時に裸の写真も撮影するという。女のコのボディに、選考基準があるのだろうか?

「顔がかわいければ、よほど細かったり太かったりしない限りは問題ありません。一番重要なのはやっぱり顔。万人が『かわいい』と思う顔で、スタイルも良ければ文句なしです。最近だと、今年デビューの長谷川るいは面接段階で『売れるだろう』と話していました」

長谷川るい

長谷川るい 今年2月にデビューしたプレステージ専属女優。小柄ながら均整の取れたスタイル、愛くるしいルックスで妹系として抜群の人気を誇る22歳

 とはいえ、そんなルックス抜群のコばかりが売れるわけではないというのも木島氏の頭の悩ませどころなのだとか。いわく、「なんでこのコが?」と思われがちなコが人気を博すことがあるという。

「“ベテラン刑事の勘”みたいなものなんですが、全然AV女優っぽくないフツーのコや、エロいエピソードを話さないコでも『どうも引っかかるなぁ……』と感じたら選ぶことがあります。最近だと、あやみ旬果がそのパターンですかね。天真爛漫で、一見エロから縁遠く感じるコなんですが、エッチのときのリアクションが最高に良かったんですよ。そんなギャップがハマって火がつくコもいます」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1000844

あやみ旬果

あやみ旬果 ’93年生まれ。デビュー以来、常にトップ級の人気を誇るプレステージ専属女優。人気ユニット『恵比寿★マスカッツ』のメンバーでもある

 そんな女優を探し出すのは至難の業のように感じるが、見極める基準は一体何なのだろうか?

「かなり感覚的な話なんですが……『女性ホルモン量が多そうなコ』ですかね。色が白くて柔らかそうで、女性らしい体のコっているじゃないですか。本番前は恥ずかしがっていても、いざ始まったら体や耳が赤くなって、体も勝手に反応してきちゃう、みたいな。そういうグッとくるコはたいてい、女性ホルモンが多そうなんですよ。今は街を歩いていても、『あのコだったらこのくらいの数字は売れるかな』『あのコはギリ落選かな』と、そういう目線で見てしまっています。完全に職業病です(笑)」

 そんな職人技のようなプロの目利きがあってこそ、我々がグッとくる人気女優が誕生しているのだ。

― 人気男優も知らない[AV現場の裏側]を暴く! ―

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中