ゲス川谷のどこがカッコいいのか? オラオラ系には理解できない「ひょろマッシュルーム男」の魅力

 不倫スキャンダルにより、芸能活動休止を発表したタレントのベッキー。この騒動がより注目を浴びることになったのは、彼女の不倫相手が人気バンドグループ「ゲスの極み乙女。」のボーカルの川谷絵音だったという点も挙げられる。

 ネット上の声を拾うと、「ベッキーはああいうタイプの男が好きだったのか」「もっと男っぽい人が好きだと思った」など、ベッキーの好みに対して意外性を感じた者が少なくないようだ。さらには「あんなマッシュルーム男のどこがいいんだ」「オレのほうが普通にイケメン」という感想を持つ者もまで。

 たしかに、川谷はジャニーズ系のような正統派イケメンでもなければ、三代目J Soul Brothersのようなワイルドさも兼ね備えていない点で、ベタなモテ男とは言い難い。ではいったい、彼のどこに魅力があるのだろうか。

川谷絵音のどこがかっこいいのか?


ゲスの極み乙女。オフィシャルサイトより

ゲスの極み乙女。オフィシャルサイトより

 川谷のようにヒョロっとしていてマッシュルーム髪、ロングコートを着ている男と歩いている女性を街で見かけることもあるが、そんな「川谷系」の男性の魅力とは何なのか。

 不倫騒動以来、取材班が見つけた「川谷がタイプ」という女性たちの声を一部紹介したい。ある種の女性が川谷を好きになる理由は大きく2つ存在することがわかった。

1:自分と同じ系統の男を好む女


「自分のファッションとか雰囲気に近い人が昔から好きで、彼(川谷)はまさにそのタイプです」(音楽ライター・26歳)

「かっこいいとかじゃないくて話し方とかセンスが似ていて好き! 逆にジャニーズとかEXILE系は無理」(看護師・25歳)

ギャルがギャル男を好きなのと一緒で、別に普通だと思う。いまの彼氏もマッシュルームで細身体型なので」(フリーター・24歳)

2:「何考えてるかわからない」ところが好き


「表情から何を考えているのかわからないほうが好き。ていうか、かわいい」(大学生・21歳)

「前髪が重いほうがいい。表情から感情が読めないから自分でいろいろ解釈できるっていうか。ぬいぐるみとか犬に自分で話しかけて勝手に代弁させる感情に近いです」(飲食・25歳)

「全体的にミステリアスな雰囲気。うるさくて強引なかんじの人は好きではないので」(サービス業・25歳)

「モテ」の最大公約数的イメージとは違ったモテ男、川谷系


 つまり、こういうことだ。雑誌やテレビではいわゆる「イケメン」がモテの代名詞として語られがちだが、それは多くの女性から支持されている「多数派」のモテ男にすぎない。一方で、ある種の女性たちに対して彼らはまったく訴求していなかったのだ。

 むしろ「自分と同じ系統」を好む彼女たちにとって川谷はドンピシャなタイプ。ゲスの極み乙女。には『私以外私じゃないの』という曲があるが、それに合せて言えば「私(のようなタイプ)以外私(のタイプ)じゃないの」ということになる。

 今回のベッキーの不倫騒動は、メディアが語るステレオタイプな「モテ」とは違ったモテ男の姿を顕在化させたと言えるかもしれない。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術
sponsored
提供元:NTTコミュニケーションズ  心もカラダも解放的になる夏――。とはいえ海、花火、フェス、キャンプ、BBQと満載の夏の予定とは裏腹に、さみしくな…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(16)
メンズファッションバイヤーMB
GUの590円スカーフは1万円の高級品に見劣りしない! プロの目も欺く開発力がスゴい
山田ゴメス
東京・西葛西に「リトルインド街」が誕生?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード07=リック・ルードの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第160回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
大川弘一の「俺から目線」
死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中