「ファミコン曲の演奏は権利関係が難しい」サカモト教授

ニコニコ動画黎明期から、ファミコン曲の演奏動画で人気を得た面々が今、飛躍している。なかにはファミコンやスーファミなどのゲーム機を楽器に改造してしまった人もいるようだ。彼らは一体、何者なんだ?

サカモト教授

サカモト教授

【サカモト教授】

LASTRUM所属。『SKMT』をはじめとしたオリジナルアルバムのほか、ゲームやテレビ番組へ楽曲提供もしている。『サカモト教授完全攻略本』(徳間書店)も好評発売中

◆ニコ動発のファミコン大道芸人

 ニコ動の人気動画投稿主に、頭にファミコンをのせた奇妙な格好で演奏する人がいる。彼の名はサカモト教授。ニコニコ生放送や各地でのライブを経て人気を伸ばし、今や『コネクト』(NHK総合)や、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)などをはじめ、各メディアから引っ張りだこになっている。

「もとはといえば、5年前に知人のバンドの前座として演奏したところ、誰かが知らないうちにその映像をニコ動にアップしていたんですよね。僕自身、毎日ニコ動をチェックしていたのですが、ある日見たことのある姿が1位になってて(笑)。自分のおかしな風貌やファミコン曲の懐かしさがウケたんでしょうか。反響があるならと、自分でもニコ動やニコ生で演奏を配信するようになり、視聴者同士がライブの現場で交流してコミュニティが出来上がっていきました」

サカモト教授

ライブでは、お客さんにファミコンカセットを頭に挿してもらい、その曲を演奏する、というお決まりのパフォーマンスがある

 そして、6月にはスウェーデンのDreamHackで、7月にはフランスのJapanExpoで海外進出も果たした。

「日本のゲーム人気に驚きましたね。FFやマリオ、グラディウスは誰でも知っていて、日本以上に盛り上がっていました。コンテンツに対する愛ありきで、権利うんぬんの前にまずは文化を育成して、その上でビジネスの在り方を考えようという雰囲気でした。僕の演奏の直後にゲームメーカーのプレゼンがあるとか日本では考えられないですね」

 とはいえ、このパフォーマンスをずっと続けられるわけではないと割り切っているとのこと。

「やはり権利問題が難しいですからね。サカモト教授というキャラが注目されている今のうちに土台をしっかり作って、徐々にオリジナル曲を増やして活動していければと考えています」

サカモト教授

各地でのライブやコンサートにほぼ毎週出演している。ファンとの距離の近い交流を重視し、ライブ後はほぼ必ず二次会をする

◆お金と許諾の話

 ゲーム音楽の演奏にあたって難しいのが権利まわり。JASRAC管理の楽曲はJASRACに著作権料を支払えば演奏可能だが、ゲーム音楽の大半はメーカーが権利を管理しており、メーカーごとに許諾を得る必要がある。ただし、メーカーによって基準がまちまちで、任天堂やスクウェア・エニックス、コナミなど大手ほど許諾を得るハードルが高い。サカモト教授のアルバム『SKMT』にもゲーム曲のアレンジが入っているが、こちらも権利元に一枚あたり数パーセントの使用料を支払っているそうだ。

 また、たとえJASRAC登録楽曲であっても、あまりにも元のイメージを損なうカバーなどは、著作者人格権の同一性保持の観点からメーカーがNGを出すこともできるとのこと。

(C)LASTRUM Music Entertainment Inc.

取材・文/朝井麻由美
― 名作[レトロゲーム音楽]の魅力【1】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中