脳障害で新しい記憶が消えていく…それを補う日記とは?【GOMA×松江哲明】

GOMA,松江哲明 交通事故により「新しい記憶を失ってしまう」という高次脳機能障害を背負ったディジュリドゥ奏者、GOMA。なぜ自分がディジュリドゥというアボリジニの民族楽器を吹くようになったのかも今は思い出せない。それどころか、事故直後は数分前の記憶も消えていくような状態で、事故から3年たった今も1か月前の記憶は消え去ってしまうという。

 失われていく記憶を保つため、彼は日記をつけるようになった。

「GOMAさんの日記は僕らが知っている日記じゃなく、生きるための道具ですからね」と語るのは彼の音楽の持つエネルギーに衝撃を受け、『フラッシュバックメモリーズ 3D』(2013年1月19日から新宿バルト9ほか全国順次公開)というドキュメンタリー映画を作り上げた映画監督の松江哲明だ。

「GOMAさんは僕らに会うときや取材の準備のために、事前に日記を読み返してからやってきてくれる。そういう話を聞くと、僕らが普段、人と話すためにどれだけ記憶に頼っているかってことを思いませんか?」

  事故から2年間、GOMAは過去のことを思い出せない自分に向き合い葛藤を続けていたという。GOMA本人も語る。

「この映画の話が来たタイミングもちょうどよかったんですよね。事故で塞ぎ込んでいる時期だったら、映画の話はたぶん受け入れることができなかったと思います。事故から2年がたち、自分の状況も客観的に見られて、気持ちがちょっとずつ外に向いてきたところに松江さんが現れた。また、僕の状況を多くの人に知ってもらうことで、同じような境遇の方にも何か役立つかもしれないっていう思いもありました」
 
 脳障害でフラッシュバックしてくるGOMAの記憶を3Dで表現したというこの映画だが、誰も観たことがないタイプのドキュメンタリー作品に仕上がっている。ぜひ、GOMAの音楽にノックアウトされてほしい。

※GOMA氏と松江哲明氏は12/18発売の週刊SPA!「エッジな人々」にて対談を行っている。

本誌構成/九龍ジョー 撮影/植松千波 再構成/SPA!編集部

週刊SPA!12/25号(12/18発売)

表紙の人/三吉彩花

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中