遅咲きの実力派!「アップアップガールズ(仮)」仙石みなみに密着

仙石みなみ

91年4月30日生まれ。「みーこ」の愛称で知られる仙石みなみちゃん。歌、ダンスのレベルは折り紙付き。今後のアイドルシーンを賑わす、要注目の実力派アイドルだ

 アイドル戦国時代を経て、ますますアイドルブームは活況を呈している。週末になると各所でアイドルイベントが開催され、どこの会場も多くのアイドルファンが詰めかけている。また地方を拠点に活動するローカルアイドルの中には全国区の人気を誇るグループが幾つもあり、地方でも着実にアイドル文化は根付きつつある。

 音楽シーン全体を見渡しても、モーニング娘。が『Help me!!』で3つの年代でのシングル首位という快挙を達成すれば、AKB48が『So long!』で貫禄の10作連続初週ミリオンを獲得、さらにはCheeky Parade、BABYMETAL、さんみゅ~、LinQ、Tokyo Cheer2 Partyといった人気急上昇中のアイドルグループが続々とメジャーデビューを果たすなど、2013年もアイドルの勢いはとどまることを知らない。

 そんな中、今年のブレイク候補として注目株なのが、ハロプロ卒業生7名によって2011年に結成されたアップアップガールズ(仮)だ。ハロプロ時代はチャンスに恵まれず、辛酸を嘗めてきた彼女たちだが、グループ結成後は不遇時代に培った雑草魂と地道な努力を積み重ねることによって、今ではワンマンライブを大入り満員にする人気グループへと成長した。また気鋭のクリエーターが手掛ける楽曲は、コアな音楽ファンからも熱い注目を浴びている。そこでアップアップガールズ(仮)の最年長であり、個人活動も盛んな仙石みなみの特別インタビューをお届けしよう。

――仙石さんは「ハロプロ エッグ オーディション2004」に合格後、ハロプロエッグ(現在はハロプロ研修生)として芸能活動をスタートさせましたが、ハロプロエッグ時代はどういう気持ちでレッスンやコンサートに臨んでいたんですか?

仙石:エッグは全員、ハロー!プロジェクトに憧れて入ってきて、必ず上に行きたいという思いでやっていたんです。だから、いつも一緒にやっている仲間ではあるけど、いつ誰が上に行けるか分からないサバイバル状態。グループ意識はなくて一人ずつの戦いで、全員が敵だと思って頑張っていました。

――THE ポッシボー、真野恵里菜さん、スマイレージとエッグの仲間たちが次々とデビューを果たし、エッグを卒業していきましたが、どういう思いで見ていましたか。

仙石:次々とエッグの仲間がデビューしていくので、どうすればいいんだろう、もう私はダメなのかなと思って、辞めようと考えたことが何度もありました。もちろん応援の気持ちもあって、一緒にいる時は頑張ってと声をかけるんです。でもハロー!プロジェクトのコンサートでは、私たちはハロプロエッグの一員として同じ衣装でバックで歌って踊っているのに、先にデビューしたコたちはキラキラした衣装で堂々とステージに立っている。その姿を見るとメラメラと闘争心が湧いてきました。

――高校卒業と共にハロプロエッグ卒業を言い渡されますが、そこで辞めようと思わなかったんですか。

仙石:それはなかったですね。歌とダンス以外にもお芝居が好きだったので、それってハロー!プロジェクトじゃなくてもできるなと。卒業で夢が途絶えた訳じゃなくて、次のステップに進むんだと前向きに捉えました。

――エッグ卒業からアップアップガールズ(仮)結成までは、どれぐらいの期間があったんですか。

仙石:約4か月ですね。でもアップアップ結成が決まって、初めてメンバーの名前を聞いた時は何でだろうと思いました。それぐらいエッグ時代は関わりの少ない7人だったんですよね。仲の良い子もいたけど、挨拶ぐらいしかしたことのない子もいたんです。だから最初の1年間はグループ意識も全くなくて皆バラバラでした。

――結成当時は歌もダンスも先生がいなくて、全て自主練習だったんですよね。

仙石:そうなんです。レッスン場も借りられないから事務所の会議室で練習したり、ライブでカバーする曲をYouTubeで観て歌やダンスを覚えたり。当時は毎週公演があったので時間がなくて、皆が集まった時は個人練習をしている暇がなかったんです。だから公演当日も個人個人でステージに立っているような状態でグループ感がなかったですね。ただ毎週ステージに出させて頂いて、歌のパート割りからMCの内容まで自分たちで考えて。ライブ経験をいっぱい積んだからこそ、体力もライブ度胸も付いたんですよね。

――グループが結束したと感じたのはいつ頃ですか。

仙石:初めてのオリジナル曲『Going my ↑』が完成した去年の3月頃ですね。ちゃんと振付けの先生が付いたし、歌詞の内容も私たちの境遇が描かれていてメンバー全員が感動しました。それをキッカケに団結力が生まれたんです。

――昨年末にはタワーレコードのアイドル専門レーベル「T-Palette Records」所属となりましたが状況に変化はありましたか。

仙石:今まで以上に多くの人から注目されているのを肌で感じるし、T-Palette Recordsからの初シングル『チョッパー☆チョッパー/サバイバルガールズ』はタワレコさんのインディーズチャートで1位を取らせて頂いて。そうやって結果として現れたのがスゴく嬉しくて、もっと熱く熱く攻めて行こうって気持ちが高まりました。4月13日には単独コンサート第3弾『横浜BLITZ大決戦(仮)』が控えているんですけど、会場の横浜BLITZはエッグ時代に何度も単独公演をした思い入れの深い場所なんです。それに向けて全国各地で対バン行脚をしている最中なので、全て勝ち試合にして大決戦に臨みたいです!

 3月13日にはT-Palette Records移籍第3弾となるシングル『SAKURADRIVE/Dateline』をリリースするアップアップガールズ(仮)の勢いは、ますます加速しそうだ! <取材・文/猪口貴裕 撮影/齋藤葵>

●『アイドル最前線2013』
洋泉社MOOK 1575円(税込み)
今年注目のアイドル全24組のインタビューを中心に構成。道重さゆみが新リーダーに就任して新体制となったモーニング娘。の表紙が目印。もちろん、今回紹介したアップアップガールズ(仮)の記事も!

アイドル最前線2013

この1冊でアイドルシーンの今がわかる!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中