欧州財閥の御曹司がヘイトスピーチを痛烈批判【中編】

 東京のコリアタウン・新大久保で毎週のように行われるヘイトスピーチデモと、「レイシストしばき隊」の衝突劇。

 渦中にいる在日外国人は、この光景をどう見ているのか。

 編集部は、ある在日ヨーロッパ人のグレンさん(仮名・32歳)に話を聞いた。

 日本在住5年のグレンさんは、実は欧州では誰もが知る某グループ企業の御曹司で、いわゆる遊学のために来日。跡を継ぐのか?という質問に対しては、「親がやっている仕事なので」と言葉を濁す。去る4月で日本での学びと仕事を終え、次なるアジアの地へ旅立っていくという。彼は慣れ親しんだ日本との別れを惜しみつつ、今繰り広げられている状況について語った。

(※文は個人の主張であり、編集部の見解とは関係ありません)

⇒【前編】はこちら http://nikkan-spa.jp/432296

――またヘイトスピーチ団体は、日本に何世代も住んでいるのに日本人になろうとせずに朝鮮人のまま権利だけ主張しているとして批判しています。日本人に帰化して、完全に日本人化しないなら半島に帰れということを主張しています。

 それは日本人も朝鮮人も同じ顔つきだからだと思う。しかしここで生まれて、ここで生きてきた人たちに対して、そんな要求はまったく成立しない。アメリカの黒人ももう代を重ねているが、アフリカに行ったことがない人もアフリカ系アメリカ住民としてのアイデンティティを持って生きている。ヘイトスピーチ団体はそうした黒人に向かって、アフリカに帰れと言っているようなものだ。KKKが東京の街中を自由に出歩いているような状況なんだ。

 逆に連中が韓国に生まれて、同じことを言われたらくだらないと感じるに違いない。アメリカで生まれたら、アメリカ国籍を与えられる。僕の国では住んでから5、6年ほどたてば選挙権も与えられる。僕の友達で日本に25年も住んでるオーストラリア人がいるけど、18歳や22歳とかの若い日本人から差別的発言をされたという。そいつらよりずっと長く日本に住んでいるのにね(笑)

――ヘイトスピーチ団体の中には帰化した元在日コリアンもいると言われます。

 信じられない! 本当か? あまりにもバカバカしくて言葉を失う。なぜ自分の出自を否定するんだ。好きだろうが嫌いだろうが、それは事実だ。なぜ恥じるのか。朝鮮系であることをプライドに思って何が問題なんだ? 仮に僕が日本人に帰化したとしても、全く納得いかない話だ

――在日コリアンは本国の人とは立場も環境も違います。

 ヨーロッパ人は二重国籍を持っている。在日コリアンなど、ここで生まれ育った外国人もそうすべきだと思っている。もちろん重犯罪を犯したら国外追放もありうるだろう。ヨーロッパの問題児はイスラム系だが、これとは問題が完全に異なる。僕たちは彼らにヨーロッパ人になれといっているわけではない。韓国人のはずの在日コリアンが韓国人であり続けることのどこが問題だ? ヘイトスピーチ団体は一体何のためにデモをしているんだ?

――彼らは、特に在日コリアンが日本の福祉システムに寄生しているといっていますが?

 在日外国人だって税金を払ってる。外国人が税金を収めず、言葉も喋ろうとせず、手当だけ要求し続けて、犯罪に関わっているなら分かる。だけど、仕事があって日本語を話せて税金も払っているなら、一体何が問題なんだ?

――彼らは、在日コリアンの多くが犯罪を犯していると主張していますが?

 本当にバカなんだな。教育をちゃんと受けていないからそういうことを言う

――彼らなりに、日本のことを真剣に考えているという見方もありますが……

 日本は福島原発事故の時、とてもラッキーだった。あと少し遅かったら、東京がどうなっていたか分からない。今後また何かが起きた時、誰が日本を助けるんだ。今デモをしてる連中か? それとも中国や韓国などの周辺国か?

――周辺国である韓国や中国での反日デモも激しく、ヘイトスピーチ団体がデモをする理由の一つにもなっています。

 興奮して吠える犬は、隔離して互いの匂いを嗅げなくしておくと静かになる。双方ともそれが必要だ

――これが安倍首相が行った「侵略」の定義などを巡る発言(4月23日参院予算委員会)に反発する、韓国の反日デモの様子です(記者が、反日デモ隊が安倍首相の人形の首を切ろうとしている場面を見せる)。

 韓国がこれを規制しなければ、日本のヘイトスピーチ団体も同じことをするだろう。歴史上の事実はただの事実だ。ドイツの事例とも同じだ。イスラエル人がドイツに行って、ドイツ人に対して『ナチスだ』と言って良いはずがない。歴史上の出来事は忘れてはいけないけど、許さなければいけない。いつまで怒り続けるのか。100年?300年?500年?

――安倍首相の発言は「侵略という定義は学界的にも国際的にも定まっていない。国と国の関係でどちらから見るかで違う」といったものでした。

 何? 正気か? 信じられない。何てショッキングなことだ。直ちに首相を辞めさせて、隔離して精神鑑定する必要がある。戦争を起こしておいてよくそんな言い訳ができるな。だから言っているんだ、日本人は偉そうにしすぎると。世界が見ているんだ。日本人は歴史の再教育が必要だが、それをするにはプライドが高すぎる

⇒【後編】へ続く http://nikkan-spa.jp/434386

※新大久保・ヘイトスピーチデモの詳細はこちら参照
http://nikkan-spa.jp/414354


<取材・文/日刊SPA!取材班>

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術

“8月”が断然お得!最強コンボで激アツなスマホ節約術
sponsored
提供元:NTTコミュニケーションズ  心もカラダも解放的になる夏――。とはいえ海、花火、フェス、キャンプ、BBQと満載の夏の予定とは裏腹に、さみしくな…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(16)
メンズファッションバイヤーMB
GUの590円スカーフは1万円の高級品に見劣りしない! プロの目も欺く開発力がスゴい
山田ゴメス
東京・西葛西に「リトルインド街」が誕生?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード07=リック・ルードの証言――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第160回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
大川弘一の「俺から目線」
死ぬことが決まっている沼――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中