映像ディレクター大根仁氏が『孤独のグルメ』を語る

ドラマ版Season3も好調な『孤独のグルメ』。週刊SPA!にて不定期連載中の人気マンガ(原作/久住昌之・作画/谷口ジロー)が原作となっているのだが、この作品、男が一人、飯を喰うだけ。ただそれだけなのに、なぜ心を奪われるのか。そして、一人で食べる食事の哲学とはいったいどこにあるのか。各々が持つ『孤独のグルメ』を熱く語る!

◆“あの店”のハンバーグ、テイクアウトで食べてみたい

大根 仁氏

大根 仁氏

 初版、文庫版、そして、新装版も『孤独のグルメ』をすべて揃えているという映像ディレクターの大根仁氏。そんな大根氏に同作の魅力を聞いた。

「『孤独のグルメ』はオレにとって、作画を担当する谷口ジローさんそのものなんです。緻密なタッチと五郎が食べるときの表情や所作。食事中に、思わずジャケットを脱いじゃうとか、あのハフハフ感とかは『谷口ジローだなぁ』って思いますよ」

 そんな大根氏の一番好きな名場面はどこなのだろうか。

「全部ですね。あえて挙げるなら、ハンバーグ屋の傲慢な主人にキレるところ。食に対する美学を語るあのシーン、大好きです。でも、一番食べてみたいのもあのハンバーグ。人間性と味って案外比例しないですもんね。嫌な感じのシェフが作るものでも、うまいものはうまい。あの店のハンバーグは、テイクアウトで食べたいです」

 自身がひとり飯をするときは、

「味・雰囲気・放っとかれ感」が大事とのこと。

「駒場東大前にある蕎麦屋『福島屋』は、その3つが見事に調和した店。地元客しかいないから、長年積み重ねてきた居心地のよさが店に滲み出ているんです。ほかには同じ駒場東大エリアの『菱田屋』にはよく昼定食を食べにいきますし、池尻大橋の中華屋『鶏舎』の夏に出すキラーメニュー『冷やし棒棒鶏ソバ』は毎年楽しみにしています」

 ただし、ひとり飯にはつい陥りがちな落とし穴があると語る。

「最初の2~3品がおいしいと、つい頼みすぎちゃうんですよ。作中でもあるじゃない? コンビニで買いすぎちゃうやつ。ついレジ横のコロッケとか買ったあとに『アメリカンドッグも』とか(笑)。あとで『いくらなんでも余計だった……』って反省するんですけど」

【菱田屋】
「魚がメインなんですけど、肉も野菜もうまい」と大根氏が推薦。東大が近いこともあり、生姜焼きや油淋鶏などのガッツリ系も豊富

⇒【画像】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=496762


菱田屋【福島屋】
蕎麦屋なのに居酒屋メニューも豊富。大根氏がよく頼むのは「刺身盛り合わせ、牛すじ煮込み、ほうれん草の煮浸しあたり」とのこと

⇒【画像】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=496763


福島屋【大根 仁氏】
’68年生まれ、映像ディレクター。店選びに関しては「長年、外食が多いと、こういう六感は鍛えられますよ。幟が前に立っている店はまず避けます」とのことだ

― 俺流『孤独のグルメ』【2】 ―

孤独のグルメ

腹減り注意!

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中