20代女子が“バツイチ40代男”にハマった理由

アラフォー=熟男の領域に達した男たちの恋愛事情は何ともさびしい限り。恋愛市場からはすっかり取り残されがちだ。しかし、今どきの若い女子が求めるアラフォー男の特徴は明らかに変化している様子。その実態に迫る!

◆共通する「特撮」趣味で意気投合して交際へ!

●松田恵子さん(仮名・26歳・派遣)

年の差,アラフォー 腐女子を自称し、特撮モノ、アニメを愛する恵子さんは、渡辺麻友似のロリ顔美女。求める男性は戦隊ヒーローのレッドではなく、サポート側の“おやっさん”タイプなのだとか。

「私は古い特撮が大好きなので、なかなか同年代の男性では話が合いませんでした。現在45歳の彼と知り合ったのは仕事先。第一印象はどこにでもいそうなフツーのオジさん。でも話したら彼も特撮マニアで、特に『電子戦隊デンジマン』(’80 年放送)の話で大盛り上がりしちゃいまして」

 マニアックな趣味の共感性には、年齢なんて関係ない。恵子さんは彼と一気に距離を縮め、すぐ交際に発展したという。

「デートは家で一緒に特撮モノのブルーレイを観るか、あとはSEXしているか(笑)。やっぱり体力の衰えはあるけど、休憩を挟みながらのロングタームな抱き方はむしろ新鮮。女体のツボも心得ているから気持ちいい」

 熟男ならではの包容力とテクニックで、心身共にすっかり虜の恵子さん。人生経験に裏付けられた優しさも魅力的だという。

「バツイチの彼だからこそ、もう二度と失敗しないように一緒にいるときはファーストレディのごとく優しく扱ってくれます。こないだは『お前はこれまでの人生で一番大事にしている女だ』と言われました。人生の折り返し地点を迎えた彼の言葉は説得力があり、結婚してもいいかなと思っています」

 共にお金は全然持ってないそうで、彼女は「特撮ばりに協力して世間という怪物と戦う」と笑った。

<ココをマネしろ!!>
マニア趣味の孤独な美人腐女子を狙えば成功率高し!

※写真はイメージです
― [モテる熟男(ウレメン)]の新基準【1】 ―

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中