日本の農家から盗まれた野菜が中国に流れている

ここ数年、農家から野菜が消える被害が後を絶たない。取材を進めると暴力団、半グレ、一部の不良中国人が関係していることが判明した。背景には中国の経済事情が深く関連しているという。

⇒【前回】「野菜の盗難件数が増加。農家を狙う“組織的”野菜泥棒」
http://nikkan-spa.jp/613049


野菜,泥棒 中国人不良グループと関係のある中国人男性に話を聞くと、「中国はPM2.5の影響が酷く野菜なんて食べられたものじゃないんですよ」と話す。また、中国政府による強制労働問題も大きな原因であるようだ。

「定職についていた男性が帰宅途中に突然拉致され、監視の下、無理やり工場で何年も働かせられていたという話もある」

 拉致されれば一日15時間労働で給与はないに等しく、製品の中に救助を求める手紙を交ぜる強制労働者もいたという。こんな状況ゆえに中国製品に粗悪品が増え、結果的に中国人が安全で質の高い日本製品をあらゆる分野で求めるようになる。中国製の紙オムツは「赤ん坊にはかせるとかぶれてしまった」などの被害も多いことから、昨年は九州地方から日本製オムツ「ムーニーマン」が中国に流れ品薄となった。さらに松阪牛、伊勢海老、マグロなどの高級食材が注目を集めていたが、今年に入ってからは農作物までもが対象となっているのだという。

「高級食材や野菜は正規ルートだと日本の2~3倍の値段で売買されているが、日本の暴力団や半グレの窃盗団が司る非合法ルートでも野菜が輸出されています」(裏社会の事情通)

 日本食材につきまとう放射能汚染のイメージも「それでも中国の野菜を食べるよりはマシ」(前出の中国人男性)と不問になるという。

 警察関係者はこれについて「新たな暴対法が施行されてから、暴力団員に対する締め付けが激しくなり、表の社会での企業活動は不可能に近い。連中はお金に換わるのであれば何でもするようになってきている」と分析する。

⇒【次回】「野菜窃盗団が畑を襲撃。その手口とは?」に続く
http://nikkan-spa.jp/613051


◆近年の野菜盗難事例

<2013.6.1>
静岡市葵区の無人販売所で1日から5日にかけて、野菜などが盗まれる被害が3件相次ぐ。同区では、ほかに無人販売所を狙った窃盗事件が同年内で5件発生している

<2013通年>
青森県十和田地区では収穫期に野菜窃盗事件が発生するため’08年よりニンニクの収穫時期に市内の畑のパトロールを実施。だが’09年には数件の窃盗被害があった

― 組織的[野菜泥棒]が全国で暗躍中【2】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中