ブラック企業だけじゃない!ポエム化する日本企業が急増中

◆今、日本の企業全体に「ポエム」が溢れている!

ブラック企業, ポエム化, 社則, 職場, 職業 夢、仲間、絆、希望、笑顔、理想の自分――。口にするのが恥ずかしいような言葉を多用した、こうしたフレーズが日本社会に増殖している。そして、そんな文章を、近年“ポエム”と呼ぶ風潮がある。

 この現象、実は企業にも及んでいることをご存じだろうか。例えば、NHKで放送され一躍有名になった「居酒屋甲子園」。全国の居酒屋店員が、仲間との友情、夢を舞台上で発表するこの大会が取り上げられ、「妙にポエム調の言葉を絶叫していてキモい」「ポエムのような美辞麗句や仲間との連帯感で過酷な労働条件から目を逸らし、社員を洗脳しようとしている」などと批判され、論争を呼んだ。

 ブラック企業に限らず、“ポエムな言葉”が盛り込まれた社歌を歌いながら体操したり、毎朝、社是を大声で斉唱したり、社員に駅前清掃を強要する企業も少なくない。こうした独自の規定を義務づけ、社員の労働意欲を引き出し洗脳しようとする企業を「ポエム化する日本企業」と広く定義した場合、企業ではどれほど“ポエム化”が進んでいるのか。20~50代の男性サラリーマン200人にアンケートをとったところ、「“ポエム”がある」と答えたのは14%だった。

 だが、『ポエムに万歳!』の著者でコラムニストの小田嶋隆氏は、「日本企業には昔からポエムな文脈が根づいている」と語る。

「多くの企業にある社是や社訓、社歌、標語なども、考えればポエムみたいなものですよね。昔からある日本企業の愛社精神とポエムって非常に似ているんです」

 認識こそ低いが、日本企業は“ポエム”に侵されている可能性がある。今回SPA!編集部が取材したところ、ブラックな業界だけでなく、自動車メーカーや不動産、金融など、ありとあらゆる業界で“広義のポエム”があることがわかった。次回から、ポエム化する日本企業の実態を紹介しよう。

⇒【次回】「笑顔と明るさを強要する職場にウンザリ…うつ病にかかり退職へ」http://nikkan-spa.jp/617283

ブラック企業, ポエム化, 社則, 職場, 職業

NHK『クローズアップ現代』で放送された「居酒屋甲子園」の一幕。「夢は一人で見るもんじゃない、みんなで見るものだ!」などポエムを絶叫

【小田嶋 隆氏】
コラムニスト。日経ビジネスオンライン「ア・ピース・オブ・警句」をはじめ、多数連載を持つ。著書は『ポエムに万歳!』『場末の文体論』など多数

― [ポエム化する日本企業]急増中【1】 ―

ポエムに万歳!

北朝鮮ばりのニュース原稿に説教くさい五輪招致コピー、野放図な自分語りはもはや私生活ストリップ。日本は「ポエム」であふれてる!

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中