女性専用“レンタル彼女”のカオスな世界を体験

「女性専用」と聞くと心ときめくと同時に、女性同士ならではのトラブルなんかも想像したくなる。昨今増える一方の女性専用○○の実態を確かめるべく、SPA!女性記者たちが潜入しまくってみた!

◆秘密の花園・女性専用“レンタル彼女”は公私混同だらけの世界?【レズビアンデートサービス】

レズビアンデートサービス 時間制で好みの女性とデートを楽しめるサービス・レンタル彼女。男性のみならず、同性同士でデートを楽しめる“女性専用のレンタル彼女”があるという噂を聞き、実際に申し込んでみた。1時間8000円前後が相場。

 休日の夜に新宿で待ち合わせてみると、来たのは20代半ばの石原さとみ似の女性。バイト感覚でこの仕事を始めて半年ほどらしく、女性も愛せるバイセクシュアルだという。個室の居酒屋に移動したが、コースによってはホテルへ直行することもあるのだとか。

「お客さんは30代以上で経済的にも余裕のある独身女性が多いかな。仕事で友達と会う時間がない人とか愚痴を言いたいだけの人、女のコとデート(セックスも)をしてみたいっていうノンケの人も多い。女性は精神的な繋がりを重視するから、キャストに恋愛感情を持って迫ってくる人も多いの」

 恋人気取りの客から四六時中メールが送りつけられることも。よほど迷惑しているかと思いきや、「精神的な繋がりが欲しいのはキャストも一緒だから、お客さんと付き合って辞めちゃうコもめちゃくちゃ多いよ」と、耳元で意味深に呟く女性。その後はなんと、「恋人になって」とキスの嵐とともに、マジ告白を受けてしまった。

 プロ、客限らず公私混同が当たり前のカオスな世界。女性の需要は日増しに急増中という……。

― 話題の[女性専用○○]に潜入してみた!【8】 ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中