「壁ドン」の次は「肩ズン」。新しいモテ仕草を心理カウンセラーが提唱

 映画やドラマでここぞというときに「壁ドン」を繰り出すというシーンが頻発した2014年。OL300人に「壁ドンをされたことがありますか?」という問いには82人がYESと回答、そしてその約6割が「キュンとした」と回答したのだ。

 しかし、女心は移ろいやすく、「そろそろ壁ドンは古い」という声も。12/16発売の週刊SPA!に掲載されている特集『壁ドンより効く[男のモテ仕草]があった!』では、壁ドンよりも効果がありそうなモテ仕草を一挙公開。OL300人に「胸キュン度」を調査し、YESが6割以上(つまり「壁ドン」以上!)のものを写真入りで紹介している。

「壁ドン」よりも効くモテ仕草を心理カウンセラーが提唱。その名も「肩ズン」だ!

これからは壁ドンより肩ズンで!

 また、恋愛のエキスパートたちにも「オリジナルのネクスト壁ドン」を提唱してもらったが、ここでは心理カウンセラーの小高千枝さんのネクスト壁ドンを紹介しよう。その名も……『肩ズン』だ!

「女性は、基本的に自分を守ってくれる権力や強さを持った男性に惹かれますが、一方で、そんな男性が自分の前でだけ見せてくれる弱い姿を見て、守ってあげたいという擁護欲や、必要とされたいという承認欲求をかき立てられます。

 そこで、女性の肩にズーンと頭をもたれるようにして、「疲れたー」「俺もうだめだー」と弱音を吐いてみれば、相手は母性本能を刺激されて、あなたを癒したいと思ってくれるはずです。

 ただ、そのためには普段は強くて頼りがいのある姿を見せておく必要があります。つらいときだけ自分を頼って甘えてきてくれる、という「意外性」と「希少性」のギャップが萌えを生むのです」

 今回、なかでも胸キュン度が高かった「ねじポケ」「なろ抱き」「頭ポン」「オレぬく」「俺コス」「おい手」とはいったいどんなモテ仕草なのか? また、「手ックス」「汗トン」「無意引き」「ピタチン」など、ベッド上でのモテ仕草もガッツリ公開。その全貌はぜひ本誌で確認されたし! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部 イラスト/ただりえこ>

週刊SPA!12/23号(12/16発売)

表紙の人/筧美和子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

衝撃の事実。元AV女優・紅音ほたるが急逝していた

紅音ほたるさん
 元AV女優の紅音ほたるさんが、8月15日に亡くなっていたことがわかった。AV引退後の所属事務所の社長兼パートナーによると同日午前、自宅で倒れた状態の…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中