”ゆるキャラ”としての「ローカルアイドル」ブーム

Dorothy Little Happy

“東北復興アイドル”Dorothy Little Happy

仙台発の「Dorothy Little Happy」、新潟発の「Negicco」、弘前発の「りんご娘」、松山発の「ひめキュンフルーツ缶」……といったアイドルグループをご存知だろうか? 地元を拠点に活動しつつ全国デビューを目指す「ローカルアイドル」が、いまアイドルファンの熱視線を集めている。

今年で2回目となる「TOKYO IDOL FESIVAL 2011」(8月、東京・お台場)には57組のアイドルが結集、ローカルアイドルも各地から集まり会場を沸かせた。たとえばこのフェスティバルで大注目された「Dorothy Little Happy」は、仙台で活動する5人のグループ。去年8月にインディーズでデビューし、今年3月にはエイベックスからメジャーデビューを果たした。震災でデビューイベントがすべて中止になった不運を乗り越えて、東北各地をチャリティイベントで回り、“東北復興アイドル”として話題になっている。

※Dorothy Little Happyの健気なレッスン風景はこちら
⇒http://nikkan-spa.jp/80967

 かつても、沖縄アクターズスクール出身のアイドルとか、Perfumeの3人が広島出身だとかいう話はあったが、いまのローカルアイドルの特徴はもっと“ご当地色”を前面に出していること。たとえば、“農業活性化アイドル”を標榜する「りんご娘」は、シングルの曲名も「りんごのキモチ」や農家の青年との恋を歌った「彼の軽トラに乗って」(!)など、農業愛が炸裂している。また、JA全農新潟の「やわ肌ねぎ」PRキャンペーンから誕生した「Negicco」は、全国デビュー後も、ライブでねぎを片手に踊りまくる。

 というのも、ローカルアイドルの多くは、地方自治体やJAや地元メディアのバックアップで活動しているのだ。特産品や観光PR役の「ゆるキャラ」を彷彿とさせる。その垢抜けなさを武器としつつ、ライブで客をうならせる本格的なパフォーマンスが、ローカルアイドルの魅力なのだという。「学ぶべきは、『ゆるキャラ』の異様な存在感。あの野蛮極まりないオリジナリティの強さ」(アイドルウォッチャーでもある「コンドルズ」の勝山康晴さん)とは言い得て妙である。

週刊SPA!10/25発売号「ブレイク寸前!? ローカルアイドル図鑑」では、上に挙げたような全国9都市発の美少女軍団を取り上げている。ローカルアイドルは政令指定都市クラスに限らず全国で同時多発中。SPA!誌上では紹介できなかったが、静岡県焼津市の「YKG2011」(やいづカツオガールズの略)や、北海道名寄市のアスパラガスにちなんだ小学生グループ「あすぱLOVEきっず」など、もうなんだかスゴいことになっているのである。

 文/週刊SPA!編集部

週刊SPA!11/1号(10/25発売)
表紙の人/芦名 星

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中