日本では報じられないオバマの不正融資疑惑

日本ではほとんど報じられていないことだが、オバマ政権の致命的とも言えるスキャンダルが発覚している。

ひとつは、8月の末に経営破綻した太陽光発電パネル会社「ソリンドラ」に対するオバマ大統領の不正融資疑惑だ。

業界関係者によると、ソリンドラ社は製造コストを抑えることができず、「3ドルでしか売れない物を6ドル掛けて作っていた」と言われており、ろくに採算が取れる見込みはなかったのだ。それなのにオバマ政権は’09年に5億3500万ドルもの融資を提供した。

なぜか? 実はソリンドラ社の筆頭株主に、’08年の米大統領選でオバマの資金集めに重要な役割を果たしたジョージ・カイザー氏の基金が名を連ねていたのだ。

共和党は『ホワイトハウスによる不適切な介入ではなかったのか』と指摘。さらにFBIが9月上旬にソリンドラ本社への強制家宅捜査を行い、米政府に対してもこの案件に関する書類等の提出を要求しているという事態になっているのである。

注目すべきは、この事件が、今まで闇の支配者のプロパガンダを行なってきたアメリカの大手メディアで、大々的に報道され、米国当局も公に捜査に乗り出している、という点だ。

11/1発売の週刊SPA!「闇の支配者崩壊の序曲が始まった!」では、米経済誌「フォーブス」元アジア太平洋支局長のベンジャミン・フルフォードが、このオバマ・スキャンダルのほか、カダフィの最期やタイの洪水について緊急提言している。

構成/週刊SPA!編集部

図解「闇の支配者」頂上決戦

激変する日本社会・世界情勢の裏側で、いま「闇の支配者」たちの頂上決戦がはじまった!

週刊SPA!11/8号(11/1発売)
表紙の人/吉高由里子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中