年収800万円課長のストレスフルな日々。降格の恐怖に怯え、人間関係も希薄に…

 年収が低ければ未来が見えず、年収が高いと休みなく仕事に忙殺され高ストレス――。「ほどよく休みがあって、ほどよく高年収」というのが理想だと言うサラリーマンは多いが、人生はそんな都合よく行かない。むしろ最近では、見合わない報酬で激務に追われ、ワーク・ライフ・バランスを失った高収入層も増えているという。ここでは、そんなケースを紹介しよう。

◆課長に昇進するも時給換算でダウン。人間関係も希薄に!
~年収800万円 吉村圭司さんの場合(仮名・39歳/大手通信)~


吉村圭司さんの場合(仮名・39歳/大手通信

降格の恐怖に怯え、職務に励む日々……

 2年前、同期のうちでは一番乗りで課長に昇進した吉村さんだが、その表情は晴れない。

「役職手当で年収は820万円とアップしましたが、月の残業時間は40時間ほど増え、時給換算ではむしろダウン。土日も出張が入ることが多く、保育園の娘と言葉をかわすのは月に1、2度。そのときも、娘はまったく懐いてくれず、居心地が悪いですね。また、仕事終わりによく飲みに行っていた同期は、嫉妬なのか急によそよそしくなって……。『もう雲の上の人だから』と嫌味っぽく言ってくるヤツもいます」

 家族や友人と関係が希薄になってしまった吉村さんだが、そこを修復する余力はなく、今は部下との関係づくりで手一杯だという。

「この2年間、2か月に一度ぐらいのペースで部下の結婚式に呼ばれていて、毎回3万円の祝儀が辛い。20人弱の課なのですが、社員の入れ替わりが激しい部署のため、どんどん独身社員が配属されてくる。今後も年間30万円程度は冠婚葬祭費用として覚悟しなければいけないでしょうね」

 まさにハズレくじといった課長職だが、吉村さんは「それでも降格は避けたい」と話す。

「うちの会社では、降格=『仕事についていけなかった』という印象で、万年ヒラ社員の下にランク付けされます。過去に、仕事のつらさに降格願いを提出した課長がいたんですが、一気に備品担当という閑職に追いやられた。周囲からはハゲの外見に引っ掛けて“落ち武者”と揶揄されて、居づらくなったのか、すぐに辞めていました。そうはなりたくないし、上も詰まっているのでこれ以上の昇進は困難。課長職にしがみつくしかありません」

 このように、年収が高ければ高いだけのストレスがあり、年収が低ければそれ相応の悩みがある。では、金銭面・精神面・税制面で「最も幸せな年収層」とはいったいどこなのか? 6/23発売の週刊SPA!に掲載されている大特集『新説[年収500万円]が最も幸せだった』では、その大命題に対する回答を理論的に導き出している。また、「年収500万円でもっとも幸せになる方法」についても3つの対策を新提案。果たして、年収500万円が最も幸せだという根拠とは? それは本誌にてぜひご確認されたし! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!6/30・7/7合併号(6/23発売)

表紙の人/斎藤工

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中