恋愛中はダメでも結婚後に真価を見せる理系男子たち

理系男子がモテない唯一にして最大の理由 理系の夫との日々を綴ったエッセイコミック『理系クン』を執筆する漫画家の高世えり子氏。理系男子好きの第一人者といえる高世氏は、自身を振り返りこう語る。

「なにかに熱中している男性ってステキですよね。私自身は文系だったので、現在の夫との交際当時から、彼の研究テーマについては正直1ミリも理解していませんでした。でも、彼が自分の研究内容について熱弁を振るう姿に、『一生懸命だなぁ』と胸を打たれ、ついには結婚にまで至りました」

 オシャレでスマートな演出は皆無、交際期間中はパッとしない。だが、結婚してから真価を発揮するのが理系男子だと高世氏は続ける。

「同じように理系男子と結婚した人たちに聞いても、理系特有の論理的思考で先々まで計算しているので、貯金や保険など数字周りのこともやってくれるし、将来設計もしっかりしている。あと、女性慣れしてないので浮気もしない。ロマンチックな演出とは無縁ですが、地に足がついている理系男子は、女性にとって最高のパートナーだと思いますよ」

 そんな理系の彼らがモテない唯一にして最大の理由とは。

「とにかく頑固でこだわりが強すぎるところでしょうね。だから、女性に合わせられず、喧嘩になるケースも多いです。例えば、彼女がせっかく洋服をプレゼントしても『綿100%の服しか着たくない』と突っ返したり。結婚直前までいったのに『彼女にパスタの食べ方を直せと言われて我慢ならなかった』という些細な理由で破局に至った人もいました。たまにコミュニケーション能力が高い理系の人もいますが、やっぱりそういうタイプは結婚も早いしモテます。まぁ、理系男子全体の1割もいないと思いますが(笑)」

 柔軟な対応力さえあれば、理系男子が恋愛において引く手あまたなのは間違いないといえそうだ。

【高世えり子氏】
’82年生まれ。漫画家。学生時代から交際する理系の夫との日々を描いたエッセイ漫画『理系クン』(文藝春秋)シリーズで知られる。理系男性の恋愛・結婚への造詣も深い

― [理系男子]がモテるって本当なのか? ―

理系クン イクメンできるかな?

理系クンのイクメン生活、果たしてどうなる!?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中