カレーマニア伝説の「夢民」がお台場に常設店で完全復活

 75年の開店以降、西早稲田で38年間愛された伝説のカレー店「夢民」。創業者・高村さんご夫妻の体力的な理由により、12年12月29日に閉店したが、閉店から2年半経った今夏、フジテレビの夏のイベント「お台場夢大陸」で奇跡の復活を果たしたことが全国のカレーファンの話題となった。さらに、この秋、お台場のダイバーシティ東京プラザに常設店として本格的に復活オープンすることが決定した(10月1日オープン予定)。

夢民/行列写真

伝説の名店の復活とあって、イベントには多くのカレーファンが押し寄せた

 ご夫婦二人で切り盛りしていた開業当時の店は、わずか4.5坪でカウンター6席という狭小店ゆえ、店の前にはいつも行列ができていた。一見さんには入りづらい雰囲気ではあったが、奥様が注文・配膳・お会計を采配し、カウンターの中では、注文を受けてから一人分ずつご主人が黙々と丁寧に作り続けていた。ストイックな後姿が印象的なその背中はまるで修行僧のようだとも言われていたほどだ。

 早稲田大学の学生、OB、教授たちにも熱烈なファンが多く、再開発により移転を迫られた際は、夢民ファンであった早大名誉教授の建築家・石山修武先生と研究室のみなさんが、夢民の新店舗の設計をほとんどボランティア同然で担当したという逸話もあるほど、早稲田の地でソウルフードとして愛されてきた。

「夢民」ご夫婦の写真

閉店前、西早稲田の店舗でのご夫妻

 カレーの特徴は、何といっても創業者ご夫妻が企業秘密として大切に守ってきた秘伝のスパイスと、カレーの概念を覆す、ルーの上に山盛りにされたキャベツ、ほうれん草、卵、トマトといった具材たち。一番人気の「ベーコンエッグ野菜カレー」は、ふわっとした卵に厳選されたキャベツがたっぷりと盛られており、見た目も壮観。デブ飯の代表と思われがちなカレーだが、バランスよく野菜も摂れる。

⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=937846

ベーコンエッグ野菜カレー

一番人気のベーコンエッグ野菜カレー。初めての人は「これがカレー?」と驚くような、山盛りの具材が特徴

 もともとご夫婦の体力的な理由で閉店されたとあって、フジテレビイベント「お台場夢大陸」では監修という立場での復活となり、10月の常設店復活にあたっても調理はスタッフに任せつつ味の監修をしていくという。何度も試作を繰り返した甲斐があり、「お台場夢大陸」に足を運んだファンからは「素晴らしい再現力!」「閉店前の味とまったく変わらない!」と絶賛の声が聞かれた。その評判から、10月の本格復活にも期待が高まる。カレーマニアのみならず、お台場に遊びに行った際には是非足を運んでみてはいかがだろうか。

<取材・文/日刊SPA!編集部>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中