「丁寧な暮らし」とか言ってる中年サードウェーブ男は痛々しい

 ひところ前から「丁寧に暮らす」などといったフレーズが世間に広がっている。

 もともと、オーガニックなどを愛する女性向けのメディアでしばしば使われていたが、最近では男性でも「丁寧な暮らし」を標榜する人が増えつつある。「サードウェーブ男子」と一部で呼ばれている層がそれだ。

サードウェーブ男子はクラフトビールも大好きだ

サードウェーブ男子はクラフトビールも大好きだ

 なぜ彼らは、都会にいながらにして、ナチュラルでオーガニックな「丁寧な暮らし」を求めてしまうのか。コラムニストの石原壮一郎は、彼らの心理についてこう分析する。

「サードウェーブ男子たちが言う『丁寧な暮らし』というのは、あくまで『こんなライフスタイルを送っている自分は、かっこいいだろう』と周囲に誇示するための道具だと思うんです。だって、ただ丁寧に暮らしたいだけだったら、ニューバランスもブルーボトルも、必要ないはず。でも、彼らは周囲に自分を良く見せたいからこそ、わかりやすい流行のブランドやお店などのキーワードを持ちだすのだと思います」

 自分の人生を良く見せたいと思う心情は人の常。だが、なぜ、あえて「ナチュラルで丁寧な暮らし」というキーワードにこだわるのか。

「ただ単純に流行のモノに飛びつくようなライフスタイルを送っていても、ミーハーなだけで、その背景にはなんの哲学も感じられない。でも、『丁寧な暮らし』というキーワードがあれば、なんとなく自分が哲学を持って行動しているように見せられますよね。個人的には、お手軽に都会と田舎の両方のいいとこ取りをしようとしているような気がして、ちょっとセコいなぁって思ってしまいますが(笑)」

 せわしない都会にいながらも、丁寧な日々を送っている自分を周囲に見せることで、周囲と自分を差別化しているということなのか。

「あくまで、サードウェーブ男子たちの言動の多くはファッション感覚で、『自分がどう見られているか』が肝心。正直、自分の本質はどうでもいいんだと思います。若いうちは誰しも自分を大きく見せたいものなので、かわいげもありますが、中年にもなってそんな言動をとる人は、少し痛々しい気もしますね」

 また、石原氏はこうも続ける。

「本当に丁寧な暮らしがしたいのならば、田舎に引っ越して、道で遭遇したトカゲを素手で押さえつけて、尻尾だけ残して逃げられたりするのを楽しむくらいじゃないとね。ブルーボトルに行ったことをSNSにアップするより、残されたトカゲの尻尾を持ち上げて、しげしげと眺めるほうが、もっとなにか深いものを感じとれると思いますよ。でも、口では『自然を愛する』と言っておきながら、部屋に虫がいるぐらいでも大騒ぎするのもこのタイプが多い。だから、本当に彼らが田舎で生活しようとしても、やってはいけないでしょうけどね」

石原壮一郎氏●コラムニスト。『大人養成講座』『大人力検定』などの著書を発表した「大人力」の第一人者。近著に、多くの人生相談を集約した『日本人の人生相談』(ワニブックス)など

<取材・文/週刊SPA!編集部>

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中