「プラズマテレビ」が「4Kテレビ」より高額で取引されている謎

●プラズマテレビ 55インチ 約15万円⇒約80万円
…生産中止の余波で最先端の4Kテレビより高い珍現象


 高画質テレビとして名を馳せたプラズマテレビ。現在は4Kにその地位を奪われ、生産終了。商品価値が乏しいようにも思えるが、55インチ15万円程度だった値段は80万円近くまで高騰した(※SPA!編集部調べ ネット販売店の価格)。大手家電量販店店員は言う。

プラズマテレビ 55インチ約15万円⇒約80万円

プラズマテレビ 55インチ約15万円⇒約80万円 編集部調べのネット販売店の価格。家電量販店の店頭からはほぼ姿を消してプレミア化した

「プラズマと4Kのディスプレイは構造自体が違うので、実は一概にどちらがいいかは言えない。プラズマテレビのディスプレイはガラス調の素材で作られていて、色みの出し方が液晶テレビや4Kテレビと違って独特。画質の良しあしは個人の好みなのです」

 プラズマテレビは消費電力が大きく電気代もかかるというデメリットもあったが、それよりマニアは画質にこだわるらしい。

「プラズマの生産終了は単純に需要の問題。メーカーも、液晶テレビのほうが価格を抑えることができるので、結果プラズマが姿を消しただけの話なのです」

― 局地的[高騰商品] ―

イェーイ!スマホで楽しむ360度動画の驚異の世界。わっかるかな~、わっかんねえだろうなあ~【PR】

【360BAYSTARS】 5 dianaのハッピースターダンスを体感!   YouTube
 1968年に、アメリカのユタ大学の学者アイバン・サザランドによって提案されたヘッドマウント型が最初とされるVR(仮想現実)の世界。この初めてのVR登…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中