雑学

“お年玉付き年賀状で現金10万円がもらえる!” を記念して編集部からも10万円相当のプレゼントあげます【PR】

2015年もありがとうございました! 2016年もよろしくお願いいたします!

 忙しい人は、これから準備に入る年賀状。年賀状といえば年賀はがき、そして年賀はがきといえば「お年玉くじ」。2016年<平成28年>用の年賀はがきの1等は、旅行や家電に加えて新たに“現金10万円”がもらえる!ということは、ご存じだろうか? 年賀状博物館によれば、お年玉付き郵便はがきが初めて発行されたのが1949年<昭和24年>。年賀専用のはがきの誕生とともに、お年玉付きはがきが生まれたわけだ。しかも、このお年玉付き年賀はがきのアイデアは、京都在住の一般人のアイデアだったという。そのアイデアを当時の郵政省に持ち込んだところ、紆余曲折を経て同制度が始まったそうだ。

年賀状博物館より

 ちなみに第1回目の商品は、以下の通り。

特等:ミシン
1等:純毛洋服地
2等:学童用グローブ
3等:学童用こうもり傘

 その後、特等が廃止になり、1等は電気洗濯機(1956年<昭和31年>)、フォームラバーマットレス(1960年<昭和35年>)と変わり、1965年(昭和40年)以降はポータブルテレビや8ミリ撮影機・映写機セットなどが続き、1984年(昭和59)年には電子レンジが、1986年(昭和61年)にはビデオテープレコーダーが登場する。

 平成に入ってからは、庶民の手が届きそうでなかなか買えないものが賞品になり、海外旅行や新型テレビ、パソコンなどの中から1点を選ぶ形式になった。そして、ついに2016年からは現金10万円がもらえるように! 2016年は、お年玉付き年賀はがきにとって大変革の年なわけだ。

ダイソンのサイクロン掃除機

 そこで編集部でも、お年玉付き年賀はがき1等に現金10万円が登場したことを記念して、抽選で1名にダイソンの掃除機とバルミューダの高級トースター(合計10万円相当)をプレゼントします! この編集部からの10万円相当のプレゼントが欲しい人は、応募フォームでメールアドレス、年齢、性別を記入してください(当選者にのみ編集部から連絡します。当選に関する編集部への問い合わせは、ご遠慮ください。集めた個人情報に関しては商品の抽選以外に使用いたしません)。

バルミューダの究極のトースター

 メール、SNSなど、コミュニケーション手段が多様化しているにもかかわらず、年に一度、みんながはがきを書くこの季節。年々減少傾向にあるとはいえ、年賀はがきは2016年用も約30億枚発行されている。今回は、ディズニーキャラクターやハローキティのデザインの年賀はがき以外にも、宛名面にもキャラクターなどが印刷できる「ウェブキャラ年賀」も登場。ぐでたま、ふなっしー、スター・ウォーズ、スーパーマリオなど、11種類のキャラクターが楽しめる。また、今年もLINE連携サービス「ぽすくま 森の年賀状屋さん」が始まり、相手の住所を知らなくても、LINEでつながっている人に、年賀状を送付することも可能。

 さて、みなさん2015年もありがとうございました。2016年もよろしくお願いいたします。そして、(10万円当てたいので)編集部に年賀状~ください~♪

●ウェブキャラ年賀 https://webchara.jp
●ぽすくま 森の年賀状屋さん http://yubin-nenga.jp/line/

提供:日本郵便




おすすめ記事