デジタル

Gmailより便利!? スマホでさくさくメールをさばくのにオススメのアプリは?

~柳谷智宣の「デジタル四方山話」第43回~


 2019年4月2日、Googleのメールサービス「Inbox」が終了した。Inboxは「Gmail」とは別のアプリで、2014年にリリースされた。Gmailを改良するのではなく、今後10年間必要とされるメールサービスを目指してゼロから開発されたプロダクト。スヌーズやバンドル、ハイライト、リマインダー、アシストといった先進の機能が搭載され、一部に根強いファンを獲得していた。しかし、想定ほど広まらなかったためか、スヌーズなど一部の機能をGmailに移植し、Inboxの中止という流れになったようだ。ちなみに、同日、SNSの「Google+」も終了した。

 現在のGmailはウェブ版もスマホアプリ版もとても洗練されたUIで使いやすい。iOSユーザーでもメインメールアプリとして使っている人も多い。しかし、Inboxが好きだった人には違和感があるかもしれない。そこでオススメなのが「Spark」というメールアプリだ。

Inboxライクなら「Spark」をインストールする

無料アプリSparkはどこがすごい?


 SparkはInboxで人気だった機能を一通り搭載している無料アプリ。従来はiOSアプリだけだったのだが、2019年4月2日に待望のAndroid版がリリースされた。

 Gmailだけでなく、OutlookやiCloud、Yahoo!といった他のIMAPメールアカウントも登録でき、まとめてチェックすることができる。もちろん、利用しているメールサービスがIMAPに対応してれば、「設定」の「メールアカウント」から追加できる。「アカウントカラー」を有効にすれば、メールアドレスごとに色分けしてくれるのでわかりやすい。アカウントを切り替えたり、メールアプリを使い分けなくて済むのは便利だ。

複数のメールアカウントを登録できる

メールにも同じ色のマークが付くのでわかりやすい

 Inboxのように、メールの右スライドで既読とアーカイブ、左スライドでピン留めと削除が可能。時計アイコンをタップすると、一端受信トレイからメールを消し、任意のタイミングで再受信してくれる「スヌーズ」機能を利用できる。

次のページ 
スヌーズ機能はなにが便利なのか?

1
2





おすすめ記事