雑学

「雑誌作りはベストバランスの追求」。SPA!編集長が感じる至福の瞬間とは?【PR】

「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖」

「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖」

 缶コーヒー売上本数シェアNo.1ブランド(インテージSRI調べ)で、俳優・山田孝之がさまざまな働く人に扮したTVCMでもおなじみの「ジョージア」が3月7日にリニューアル。8日から、公園施設点検員に扮した山田孝之の新CMが全国で放映されている。

 今回リニューアルしたのは、「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」シリーズの「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖」「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド ブラック」。いずれもコロンビアコーヒー生産者連合会認定の希少な高級豆であるエメラルドマウンテンを使用し、「エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖」はコクとしっかりしたコーヒー感という微糖缶コーヒー飲用者のニーズに、「エメラルドマウンテンブレンド ブラック」はキレと香りの良さを求めるブラック缶コーヒー飲用者のニーズに、それぞれしっかりこたえたという。

 なかでも「エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖」は、希少な高級豆を深めに焙煎することで、しっかりと厚みのあるコーヒーの味わいに加えて、100%牛乳を使用することでミルク感も追及。さらに砂糖と甘味料のベストバランスを追求することで、絶妙な甘さを実現した微糖缶コーヒーと評判だ。

http://www.youtube.com/watch?v=WqyV_FboMQ8
 新CMでは、山田孝之が公園で元気に遊ぶ子どもたちの姿を見ながら、至福の一杯を味わっているが、『週刊SPA!』、『日刊SPA!』の編集長の金泉俊輔は、どんなときに至福の一杯を味わっているのか?

『週刊SPA!』のゲラをチェック。発売前に全ページに目を通すのは編集長だけだ

「日々、各編集部員から上がってきた企画案をチェックしたりとか、印刷所からあがってきた記事のゲラ(雑誌になる前段階の確認用の紙)を読みながら、飲んでいることが多いです。『ジョージア エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖』を、リニューアル前と後で飲み比べてみると、リニューアル後のほうが、コクやキレのゾーンが広がった感じがする。ひと口飲んだだけで、コーヒーの深みが増していることを実感しました」

 微糖コーヒー市場が伸長を続けるなか、ユーザーからは、より本格的でコクがあり強いコーヒー感を持つ商品が求められているという。そのため、リニューアルでコーヒー豆の焙煎を従来のハイローストから、より深めの焙煎であるシティローストに変更。砂糖と甘味料のバランスも見直したことで、さらにコクのある味わいに進化させながら、キレの良さも向上している。

 ちなみに缶コーヒーは、多い日には1日2~3本飲むという金泉編集長は、どんなタイプの缶コーヒーが好みなのか?

『週刊SPA!』、『日刊SPA!』編集長・金泉俊輔

「普段、飲むのはブラックか微糖が多いんですが、疲労感を感じるときは微糖を選ぶことが多いですね。とはいえ甘すぎるのは苦手なので、しっかりとコーヒーの味を感じることができながら、少しリラックスさせてくれる甘さを感じられる、バランスがいい微糖が自分にとってはベストです。SPA!編集長としての最大の仕事は、毎号掲載する特集や連載の組み合わせを総合的に考え、雑誌を構成していくこと。各編集部員から上がってきた企画のベストバランスを考えることです。意図的に偏らせることもあれば、バランス良く組むときもありますが、そうやって決めたポートフォリオが成功し実売部数が伸びたときや、日々ふとしたときに感じる若手編集部員の成長を目の当たりにしたとき。そんなときに飲むベストバランスな1本が、私にとっては一番の至福の瞬間ですね」

 ニーズに合わせながら今も進化を続ける「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」シリーズが行き着いた“最新のベストバランス”を、自分なりの達成感とともに味わってみてはどうだろうか? <取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/林紘輝>

ジョージア エメラルドマウンテンブレンド 至福の微糖

提供:日本コカコーラ




おすすめ記事