雑学

40男がYouTuberデビューしたら悲惨だった

「どうも、山キンです~」と、開口一番HIKAKINのパクりを思わせる挨拶でYouTuberデビューをしたのは本誌のウェブサイト日刊SPA!で働くディレクターの“山キン”(45歳・独身)。

yamakin

ウェブを生業とする山キンだけに動画をアップする作業はおてのものだが、その結果はうらはらのものだった

 YouTuberと言えば、一攫千金を目指せると言われる夢の職業。誰もが「自分もやってみたいが、ハードルが高い」と、二の足を踏んでしまうもの。当初は山キンも「僕なんかが動画に出て、おもしろいんですかね?」と、くたびれた表情で謙遜していたが、自宅に行ったときには「お題はなんですか」とヤル気に満ちていた。

 今回のお題は、「一人ジェンガ」「たのしいおすしやさん(菓子)を作ろう」「一曲終わるまでに牛丼特盛を早食いする」「似ていないモノマネ5連発」「二人羽織りでけん玉に挑戦」。もちろん、YouTube投稿は初めてである。

 動画撮影が始まると、山キンは緊張で噛むこともなく、ジェンガを積みながらも視聴者を意識したトークを繰り広げる。調子が出てきたのか、「45歳、一発当てたいですよ」「贅沢はいいません。50万円稼いで中古のベンツを買いたいです」と、本音を吐露する余裕も。ただ、中年が不器用に作る「たのしいおすしやさん」や、牛丼特盛をかっ込む姿は哀愁が漂う。キムタクのモノマネも適当すぎてひどい。とはいえ、完成度としては、いい作品に仕上がった(と、編集部は勝手に思っている)。

⇒【動画】似ていないモノマネ5連発(https://youtu.be/7wm8eK7FBcE)

 早速、その場で山キンは個人のGmailアカウントで撮影した動画をYouTubeに投稿。動画再生数は、多くて800回近く。似てないモノマネに至っては、30回程度(投稿から3日後で収益は100円にも満たないそうだ)。悲しいことに、「かわいそうな老人」と辛らつなコメントや、Unlikeのリアクションが数件入る。

次のページ 
見た女性からの意見は…

1
2





おすすめ記事