R-30

生涯未婚かもしれないアラフォー男の日常「週末は散歩8時間。飲み食いもせずにひたすら歩く…」

 近年、日本人の未婚率が上昇の一途をたどっている。50歳の時点で一度も結婚をしていない「生涯未婚者」は、直近’10年の調査では、男性20.1%。20年後にこの数字は29%、つまり男性の「3人に1人」が生涯未婚になると予測されている。

 また、国勢調査の「年齢別未婚率推移」によると、35~39歳の未婚男性で5年以内に結婚できたのは「2.6%」という衝撃的な結果もある。アラフォー独身男性が結婚したくとも、「ほぼノーチャンス」というのが数字によって実証されているのだ。

 では、生涯未婚かもしれないアラフォー男性たちはどのような生活を送り、どのような結婚観を抱いているのか。生涯未婚には「結婚したくない派」と「結婚できない派」に大別されるが、ここでは「結婚できない派」のまったりとした日常を紹介しよう。

坂口さん

駅近でマンション最上階の好立地も、月9万4千円、ボーナス払い15万円の住宅ローンは70歳まで続く

突然の減給が家計を逼迫。多額の住宅ローンと都合のいい結婚条件が仇に

~ 坂口徹郎さん(仮名・40歳)広告代理店/年収400万円 ~

 どことなく覇気がなく、薄毛のせいもあってか、年齢よりも老けて見える坂口さん。

「20代の頃は結婚願望なんてなかったんですけど、30代になると周りに既婚者が増えだして焦り始めました。でも容姿にコンプレックスがあって、なかなか一歩が踏み出せない。それでいて美人で実家が金持ちの女性が理想なので、なかなかいい人も現れない。婚活サイトにも登録したんですけどサクラばかりで一人も出会えません。ところが2年前、よく通っていた飲食店関係で働く年下の女性と意気投合し交際が始まったんです」

次のページ 
彼女ができたものの…

1
2




おすすめ記事