R-30

1万6000円で、今すぐモテ部屋を実現!

宅飲み人気がますます高まっている昨今。男ならばお目当ての女のコを家に招待し、そのままいい感じに……と期待してしまうが、「いざ呼んでみたものの、結局ただの宅飲みで終わってしまった」というケースも多いはず。「女のコは雰囲気に弱い」とはよく聞くが、じゃあ「いい雰囲気」を手っ取り早く作るにはどうすればいいのか?

「日本の賃貸マンションは、素っ気ない白壁が多いですよね。そこに一面だけでも壁紙を貼ると、途端にオシャレな空間ができあがりますよ」

そう語るのは、“賃貸でもOKなはがせる壁紙施工サービス「ウォールビューティ」”を提供するelgod home代表の平野雅之氏だ。

「壁って面積が広いだけに、意識してなくても、色や柄がかなり心理的な影響を及ぼすんです。自分の部屋を上品なグレーのストライプの壁紙にしたら、我ながらなかなかのモテ部屋になりました(笑)」

ウォールビューティ,壁紙

壁紙と間接照明の効果で、モテ部屋と化した平野氏の部屋(左)。ただ、壁紙を青一色にしていたときは「あまりモテ効果はなかった(笑)」とか。

ビフォアアフターの写真を見比べると、確かに断然オシャレ! 普通の白壁が、ホテルのラウンジのような高級感のある壁に早変わりしている。
【拡大画像】⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=129156

公式サイトには、多種多様な壁紙がずらりと並ぶ。多すぎて逆にどれを選べばいいかわからなくなりそうだが、平野氏いわく、壁紙選びのコツは「洋服選びと一緒」だとか。

「洋服のテイストと合わせて選ぶと簡単です。本人らしい雰囲気で統一することが大事。普段はカジュアルな格好なのに、部屋だけギラギラしているのは不自然ですよね」

さらに上級者には、「女のコに合わせた壁紙選び」をオススメしたいそうだ。

「もしピンポイントで狙っている女のコがいるなら、彼女の洋服の色を参考にしてみてください。たとえば、ギャル系の女のコならゴールドやブラック、ナチュラル系の女のコなら緑や淡い色。OL系の女のコなら落ち着いた雰囲気の色などですね」

ウォールビューティ,壁紙

エアコンや通気孔をうまく避けて施工してくれるので安心

そして最大のポイントは、壁紙を変えた部屋の写真をさりげなく持ち歩くこと。話の流れで自然に写真を見せ、「実際に見てみたい~」と食いついてくれたらこっちのものというわけだ。

「僕は壁紙を変えることを『部屋のドーピング』と呼んでいるのですが、モテツールに限らず、簡単に気分を一新することができます」

気になるお値段は一面1万6000円から。壁紙選びの相談なども可能だ。自分で剥がすことができるので、賃貸でも気兼ねなく使える。

部屋を「断捨離」するだけではなく、「壁」を有効活用することが、新しいライフスタイルになるかもしれない。

●elgod home公式サイト:http://elgodhome.jp/

取材・文/ミヤコ




おすすめ記事